カテゴリー別アーカイブ: 未分類

痴呆症状のある認知症高齢者に偽薬を使用することの是非について

トリックのあるマジック 痴ほう症状が出ているからといって人格が崩壊しているわけではありません。認知症の方からは各人の生活の歴史に基づく精神世界が社会という規制の枠にとらわれず立ち現われてくるようです。老いてボケた人は「正しくない」と判断する前に、その世界に寄り添う対応を心掛けてみてください。偽薬パフォーマンスがそれを補助できることを願って。
この記事を読む »

コーヒーやカフェインの効かない眠気対策は昼寝制度とプラシーボ効果で

コーヒー・リフレッシュ 睡眠不足でもないのに日中決まって眠くなるなんてことはありませんか?大人はみんな眠気と戦っていると言うけれど、睡魔との戦いは負け戦。最も効果的な対策は「眠ること」です。適切な眠気・睡眠管理が人生を充実させるはずだとお考えならば、人生の一時期をプラシーボ試用期間にしてみることをオススメします。
この記事を読む »

『考えない練習』からプラシーボで考えていない状態を作る方法を考える

瞑想 小池龍之介さんの『考えない練習』が示す、考えない方法の一つは刺激を刺激のまま受け取ろうという感覚的な手法です。解釈や判断を保留して、刺激や感覚そのものを感得しようとするその態度は、プラシーボ効果を考える上で重要な示唆を与えているように思われます。さらにこれを応用することだって可能かもしれません。
この記事を読む »

プレゼンスキルを磨く実践練習法にきっかけをプラス

適切なプレゼン練習 プレゼンテーションに関する知識・情報は本やインターネット上で大量に提供されています。それらが有効でも、知っていることと出来ることとは大きく異なります。知っていても上手くできないのなら、練習で身に付けるしかありません。プレゼン練習をすべきだ!そう思ってはいても、中々実践できないならプラシーボの利用をオススメします。
この記事を読む »

先延ばし癖・怠け癖・サボり癖・逃げ癖・後回しグセを捉え直す

明日できることは今日しない 先延ばしして締め切り前ギリギリにアタフタするくらいならまだ良くて、結局課題から逃げ出すことさえ癖みたいになると愉快ではありません。好きなことさえ先延ばしにしだすと人生に対する惑いは深まる一方。治す・克服するってのも何だか大げさだけれど、悩みを軽くするくらいならできるかも?なプラシーボ実験を紹介します。大学生・営業必見!
この記事を読む »

海外旅行に持って行く常備薬・携行薬で迷ったら

海外へ出てみよう 海外旅行に持参する常備薬や携行薬は、迷いだすとあれもこれもと大量になってしまいがちです。しかしそのことは逆に、不安を増す結果になっているのかもしれません。未だ起こってもいない事柄に対する不安がくっついた薬を持って行くくらいなら、いっそ真っ白なプラシーボ(プラセボ、偽薬)を持って行くのはいかがでしょうか?
この記事を読む »

二度寝をやめたい人の二度寝・寝坊防止策

もっと寝ていたい 二度寝の快楽に溺れるか、社会的成功のために我慢するか…。そんな悩みさえなかったかのように、寝起きの覚醒したての頭はあらゆる意志を吹きとばし眠りへと我々を誘います。たとえ二度寝した後だるい、しんどい、疲れるとしても。二度寝してしまうのを防止したいなら、あなたの意志を留め置く必要があります。プラシーボを使って。
この記事を読む »

衝動買いで後悔しないための行動心理学

衝動買いへの道 ネットショッピングやTV通販の発達により衝動買い(しょうどうがい)に対する後悔や自己嫌悪を抱く人は増えているようです。やめたい・やめさせたいのに…。簡単に買えてしまうがゆえの刹那的快楽に対処する一般的な方法が上手くいかないのは、思考に思考をぶつけているからかも?心理学に基づく代替行動が、より効果的な対処法を提供します。
この記事を読む »

若く見られるより「年相応に落ち着いてるね」って言われたい

落ち着いた女性 女性も男性もこぞってアンチエイジングを求めるこのご時世にも、年相応に見えない・見てもらえなくて(若く見られて)困るという悩みをお持ちの方が各年齢、各世代におられます。優雅な動きや話し方を身に着けて年齢相応に見られる努力をしてみても、どこかぎこちない…。もしかするとその原因は、“心拍数”にあるのかもしれません。
この記事を読む »

仕事やバイトに行く直前の憂鬱感を晴らしたい

ビジネスな話 出勤前に憂鬱になる、バイトへ行く直前に面倒になる、仕事に取り掛かるのはいつも気乗りしない…。何かを行う直前に嫌になることが度々経験されます。しかし同時に、その何か取り掛かりさえすればやる気が出ることも我々は知っています。この心理的現象に理屈をつけてコントロールできれば、人生の見通しは少しだけ明るくなるかもしれません。
この記事を読む »

友達との遊ぶ約束を面倒だからとためらわないために

ずっ友 友達と遊ぶ日になるとダルくなってメンドウになって約束したことを激しく後悔…してたのに、いざ遊びだすとすっごい楽しい!という心理の揺れを多くの人が経験しています。行動心理学がこの心理に一つの説明を与えるかもしれません。きっと楽しいけれど、直前の面倒感が嫌でイヤで約束をためらっちゃう…を解消するためにプラシーボができることがあります。
この記事を読む »

ストラックアウトでパーフェクトを達成しよう!

strikeout 『筋肉番付』が生んだストラックアウト。この競技でのパーフェクト達成が見た目より難しいという事実は、集中力測定というプラシーボ実験の対象として優れていることを保証します。だって、プラシーボで集中力はあがらないはず。それでもストラックアウトの成績が伸びたなら、それはプラシーボ効果だと言えるはずだから。
この記事を読む »

百ます計算ぶっちぎり最速トレーニング

百ます計算 100マス計算は思考力を伸ばさない批判が為されましたが、実践者としては思考力云々は重要ではない気がします。重要なのは、練習で速さ(タイム記録)を求め、最速を極めたと信じたその先にある「向こう側」の世界に気付くこと。フロー理論が提唱するフロー状態を100マス計算を通じて体験することでしょう。ゲームの有用性もここにあるのかもしれません。
この記事を読む »

もっと速く走るためのコツはリズム練習法でつかめ!

スタート! かけっこ、かけくらべ、徒競走、50メートル走、100メートル走。得意な人にとっては自分の存在をアピールする絶好の機会であったり、苦手な人にとっては避けたかったり。もし今よりもっと速く走りたいなら、速く走るリズムとイメージを手に入れなければなりませんが、あるものを使えばそれは簡単に手に入ります。かけっこ、かけくらべ、徒競走、50メートル走、100メートル走。得
この記事を読む »

異性を名前で呼ぶ恥ずかしさを超えてみる

名前で呼んで 妻や彼女をいつもの呼び方とは違う名前(下の名前、ファーストネームなど)で呼ぶことには、心理的な抵抗感を伴います。しかし、プラシーボを用いればその抵抗感の一部を取り除くことができるかもしれません。いつもと違う名前で呼ばれた女性がより美しくなるとすれば、世の男性陣は是非そうすべきでしょう。
この記事を読む »

引きこもりの視線恐怖症だけれど外に出てみたい方へ

こっち見てる ひきこもりで視線恐怖症で適応障害で社会不適合で…といった烙印を自らに押し付けながら、だけど本当は外に出たいとお思いのひっきーの皆様。プラシーボ(プラセボ)を用いた実験的行動療法ならば、小さいけれど確かな“気休め”を提供できるかもしれません。
この記事を読む »

完璧主義でつらい、治したい大人の方へ

歪んだ完璧主義 完璧主義・完全主義は辛いですか?もし完璧主義を克服したい・直す・治したい、完璧を求める自分をどうにか変えてみたいと思われるなら、一度プラシーボ(プラセボ)を使ってみてはいかがでしょうか?“性格”を変えたいなら、まずは“行動”を。社会人なら、仕事に対する取り組み方を少しだけ変えるところから始めてみましょう。
この記事を読む »

完璧主義で何もできない、したくないをやめたい学生さんへ

消しゴムくんにお別れを 完璧主義・完全主義でつらい、治したい、克服したい、何もできないのをやめたい子供・学生の皆様。テストで完璧を目指すのは悪くありません。でも、授業中や自習中にまで完璧を求めてはいけません。あなたの完璧主義、もしかするとノートの取り方一つで変える/直すことができるかもしれません。そう、プラシーボ効果(プラセボ効果)で。
この記事を読む »

居酒屋の変わり種メニューにプラシーボ(偽薬食品)を採用する

居酒屋の変わり種メニュー 居酒屋や飲食店で新規メニュー開発をされている皆様、プラシーボ(プラセボ)を導入されてみてはいかがでしょうか?プラシーボは医薬品ではありません。食品です。よくよく見ればお菓子です。しかし、お客様の想像力に翼を与え、新規で珍奇な発想が織りなす話題づくりには有用かもしれません。変り種メニューをお探しなら是非一度ご検討下さい。
この記事を読む »

ストライク連発?心理的ボウリング上達法で熱戦・烈戦・超激戦!

ボウリングで熱い戦いを ボーリングはテクニックに加えて集中力が要求されるスポーツです。適切なハンディさえあれば老若男女が真剣にスコアを競うことだってできます。もしプラシーボ効果(プラセボ効果)で集中力が高まれば、勝負はもっと熱く、激しく、超楽しく!健康ボウリングや自由研究の課題にもおすすめ。ガーターあり、ストライクありの人生を愉しみましょう。
この記事を読む »