プラセボのはなし」カテゴリーアーカイブ

プラシーボに反応しやすいのは誰だ?

ゲノムを覗いて見たならば 「あなたはプラシーボ効果が出やすいみたいですね。」そのように言われたら、どう思われますか。近年急速に大衆化した遺伝子解析技術は、プラシーボ効果に反応しやすい人をも見出すかもしれません。しかし、プラシーボ効果の出やすい人は、“ジャマ”で“目障り”で“排除すべき”だと思わているとしたら…?
この記事を読む »

『「無」の科学』で巡るプラシーボとゼロと宇宙の旅

ドーナツの穴について語ろう 『「無」の科学』( ジェレミー・ウェッブ (著), 水谷 淳 (翻訳) 、SBクリエイティブ)を読めば、“わからない”ことがわかります。世界中の誰も、本当のところはわかっていない。プラシーボ(プラセボ)やプラシーボ効果のことも今はまだぜーんぜんわかっていない、のかもしれません。
この記事を読む »

『偽薬 – Wikipedia』に見る神学論争

神 神学論争は過去のもの?いえいえ、現代まで脈々と受け継がれています。神、宗教、科学、その他、ヒトが何かを信じて生きている以上、この論争が尽きることはありません。我々の神たる「プラシーボ効果(プラセボ効果)」もまた、その対象となっています。ウィキペディアで。
この記事を読む »

世界の車窓から「偽薬」を眺めてみたらば

世界の車窓から 「偽薬(ぎやく)」は日本語です。では、英語では?フランス語、ドイツ語、中国語だとどのように表記するか知っていますか?Google翻訳を使えば、興味のある言葉を80以上もの言語に翻訳することができます。まるで、「ほんやくコンニャク」みたいに。
この記事を読む »

とっても分かりやすいプラセボ動画

テレビ 北里大学北里研究所病院および北里大学医学部附属臨床研究センターが臨床研究の同意説明補助資料として作成した『プラセボ動画コンテンツ』がとてもわかりやすく、またためになる内容でしたのでご紹介します。大人から子供まで、プラシーボ(プラセボ)に興味がある全ての人にオススメ。
この記事を読む »

製薬各社の「プラシーボ」について調べてみた

天秤 製薬企業各社は各自の事業分野における情報提供をインターネット上で積極的に行っていますが、「プラシーボ(プラセボ)」の扱いについては様々です。「プラセボ?小一時間語っちゃうよ?」とか、「プラセボ?そんなの皆もう知ってんでしょ。」などなど。調査・比較してみた結果…
この記事を読む »

「プラシーボ」と「プラセボ」の正しい読み方について(表記・呼称ゆれ)

表記・呼称ゆれ Placeboの日本語読みは多岐に渡っています。「プラシーボ」、「プラセボ」、「プラシボ」、「プルセボ」、はたまた「偽薬(ぎやく)」や「擬薬」と呼ばれていたり。「どれが“正しい”のか、わからない!」なんて声がよく聞かれます。さて、どの表記、呼称が“正しい”のでしょうか?
この記事を読む »

プラシーボはモノとコトの境界に存在しています。

プラシーボ基礎論-テスト プラシーボが指すのは「薬の形をしたモノ」であると同時に、「薬の形をしているコト」でもあります。ただの言葉遊びの様にも思われますが、今少し、お付き合い。マージナルな存在としてのプラシーボは、プラシーボにしかできない役割を担っています。その応用範囲は、無限大と言っても過言ではないでしょう。
この記事を読む »

思い込みの効果とプラシーボ効果にまつわる1つの誤解

太陽の塔にまつわる誤解 「プラシーボ効果(プラセボ効果)は思い込みの効果だ」という言葉は、少なくとも2通りに解釈できます。一方が正しく、もう一方は誤っている。しかし、誰かが何かの「正当性」について主張するとき、あなたは眉に唾をつけて聞かなければなりません。それは単なる「仮説」だからです。
この記事を読む »

プラシーボとホントの嘘とニセの真実と

プラセプラス(ピノキオ風味) “他人に嘘をつくには技術が必要だが、自分に嘘をつくには才能が必要だ” こんな言葉がアイデア・ノートに書き留められていました。どこかで誰かの言葉として読んだのか、はたまた自分で思いついて書いたのか。それが、分からないのです(「元ネタこれじゃね?」などの情報があればご提供願います)。
この記事を読む »

似たものどうしのプラシーボ論

ジョーカー プラシーボ(プラセボ)の理解を深めるには、アナロジー(類推)の力を用いることが有効です。プラシーボとトランプ、プラシーボと数学にはどのような類似点があるのでしょうか?似たものどうしのものを比べて眺めてみることで、これまでになかった新たなプラシーボ効果論を提示したいと考えています。
この記事を読む »