カテゴリー別アーカイブ: 時事

北朝鮮に対するウクライナのビザ免除協定破棄通告、原因は「偽薬販売」との報道も

北朝鮮国旗 シビアな外交問題に関して、各国の公式発表が何かに配慮されたものであると考えるが通常かと思われます。2016年現在、核実験や弾道ミサイル開発などで国際的に物議を醸し、制裁に至った北朝鮮に関する対応についても同様でしょう。国交制限の原因が領土に関する両者の意見の相違に基づくのか、はたまたニセ漢方薬のせいなのか。判断付かず。
この記事を読む »

マイケル・フェルプス選手の「紫色の丸い瘢痕(カッピング治療跡)」が話題に【2016リオ五輪】

クッピング療法 何かを背負うたび、人は強くなれる?「涙の数だけ強くなれる」と切なげに歌い上げる唄に倣い、「紫色の吸い跡の数だけ強くなれる」ことを圧倒的パフォーマンスで示したのがマイケル・フェルプス選手(米国)。競泳界のスーパースターは2016年夏の五輪で「吸い玉」の助けを借りて金メダルを獲得し、その赤い背中に注目を集めています。
この記事を読む »

「地域包括ケアシステム構築に向けた公的介護保険外サービスの創出・活用」に係るシンポジウムが開催

高齢者と介護士 平成27年度末、2016年3月に公開される「地域包括ケアシステム構築に向けた公的介護保険外サービスの参考事例集」(保険外サービス活用ガイドブック)。近い未来、自由に展開できる保険外自費負担サービスが拡充され、隆盛を誇るのでしょう。財政破綻を避け、自分らしい人生を歩む高齢者が増え、世代間格差を抑え込めるか。要注目。
この記事を読む »

アルツハイマー型認知症の発症メカニズムに関する新しい仮説、慢性炎症

人の脳 アミロイド仮説やタウ仮説によって解決が目指されたアルツハイマー病治療。ですが、未だ画期的な治療薬が開発されないばかりか、仮説の信憑性までが疑われ始めています。ただし、昨今の医学会で注目されるキーワード「慢性炎症」が過剰な免疫システムによって脳内で起こる場合に認知症の原因となるのではないかとする新たな仮説があります。
この記事を読む »

臨床試験の割付結果は教えてもらえる?治験参加者のツイートが話題に

「ヒトノタメ ニセモノダカラ デキルコト」 治験がブラックボックスだった時代は過去のもの?ツイッターが個人の情報発信を簡単にした結果、抽象化された統計的な群割り当て(グループ化)を構成する要員が特定個人として浮かび上がる、そんな時代を迎えつつあります。新規医薬品、健康食品、トクホや機能性表示食品など効果効能を謳いたい欲求のある事業者にとって福音となるや否や…。
この記事を読む »

「女性用バイアグラ」とも呼ばれる『Addyi®』があまり売れていないらしい

トルコ版バイアグラ 2015年8月、FDAに販売承認を受けた『Addyi』(一般名:フリバンセリン)が10月の処方開始後3週間で227人の女性に処方されたそうです。かのED治療薬の代名詞『Viagra』が初月600,000人の男性を力強く勃ち上らせたのとは対照的に、じんわり染み入るようスタートを切った『Addyi』。今後に目が離せません。
この記事を読む »

未病チェックを次世代健康産業の柱とするヘルスケア業界の悲観的未来予想

未病未満 最先端医療と最新技術を応用し未病を治す事業開発を推進する神奈川県は「未病産業研究会」を立ち上げました。イノベーションがニューフロンティアを開拓する古臭い(失礼!)漸進主義は悲観的に捉えざるを得ません。「未病」を血眼で探し出すスマホに健康診断されたくないなら、「今を生きる」その感覚に集中すべきかと。
この記事を読む »

「ハグビー効果」で好きになる?心理的な美人抱き枕が販売中!

石黒浩氏のアンドロイド研究が生み出した『ハグビー®』は、人生を豊かにする可能性を秘めた存在感伝達メディア。2015年9月現在、ネット通販で買うことは出来ませんが京都西川にて店頭販売、1万円程度の価格で購入することができるようです。安心感や親近感が不足しがちな現代のプラシーボとして、価値ある一品かもしれません。
この記事を読む »

カウンターフィット薬(偽造薬、偽造医薬品)にご注意を

色々な医薬品 「偽薬(ぎやく)」と似た言葉に「偽造薬(ぎぞうやく)」や「偽造医薬品(ぎぞういやくひん)」があります。偽造医薬品は世界中での流通拡大とともに健康被害が増大しているとも言われ、注意が喚起されています。これらは一体、どういったものなのでしょうか?
この記事を読む »

スマホ使用制限がもたらすもの

スマホ中毒にご用心 さて今日は愛知県刈谷市といくつかの都市で実施・検討されている「小中学生のスマホ使用制限」について書いてみたいと思います。まずは使用制限の是非について考えてみましょう。そもそも、なぜ制限しないといけないんでしょうか?本当に制限すべき?・・・うーん正直、わかりません。
この記事を読む »