アーカイブ

片足立ちダイエットは難しい?片足で立てない人の初級トレーニング!

片足立ちができない人の簡単練習法 ダイエッター御用達の運動法と言えばウォーキングやジョギング、ランニングに筋トレ?「ダイエットに効果的!」とテレビや雑誌が紹介するものは実践したけど、全部継続できなかったという方も多いはず。簡単なはずの片足立ちダイエットもやってみたらできなくて、1秒もできないままだ…とお嘆きの貴方に朗報!初心者向けトレーニング登場です。
この記事を読む »

ドライマウス・口臭・虫歯予防にも!唾液分泌量を増やす改善実験

お口の中は健康ですか? 唾液(だえき)、唾(つば/つばき)。これらを日常的に意識することはあまりありません。勝手に出てきて、勝手にどこかへ行ってしまうものだからです。しかし、分泌が少なくなると意外と厄介なのがこの唾液。ドライマウス・口臭・虫歯だけでなく全身の健康ともかかわりのある、あなたの唾液分泌力をプラシーボで測定してみませんか?
この記事を読む »

キョロ充をやめたいのにやめられないと悩むなら試したい解決方法

高校生や大学生など周囲との人生経験の差が明らかに現れてくる年齢になるとグループやコミュニティ内での格差が自覚され、リア充、ぼっちなどと言われるレッテルを過剰に意識してキョロ充になってしまうことも。キョロ充がつらくて止めてしまいたいとお悩みでしたら、実験的な解決策を試してみましょう。孤独に光を、人生に指針を。
この記事を読む »

ほめられたい褒められない誉められたい!恥ずかし心理を超えて「ほめる」人に

笑って笑って笑って ほめられるのが嫌な人はいませんが、褒められ慣れていないと恥ずかしさが前面にでちゃうかも?そんな褒められ心理を理解したければ、自ら「ほめる」側に回ってみるのが良いでしょう。何が褒めを誘導し、誉めが何をもたらすかを観察する実験を行ってみれば、あなた自身の社会的承認欲求の形がハッキリしたり変形したりするかもしれません。
この記事を読む »

リハビリテーションによる運動機能回復に大切なやる気や頑張りを生み出すには?

リハビリテーションする男性と理学療法士 リハビリテーション時のポジティブな思考が回復を早めることは経験的に知られていましたが、その理由・原因・機構が脳科学によって明らかとなりました。ただ、臨床現場では理学療法士など専門家による心理的サポートを含む介助が既に為されているため実践面での影響は限定的。プラシーボ(偽薬)を持ち込めば、より面白くなるかもしれません。
この記事を読む »

定規落として掴み取れ!感覚刺激反応時間は意識を超えるか?

ホムンクルス あなたも生物なら私も生物(最近はロボットの機能が向上して一概に言えない…?)。生物学の実験の楽しさは、自分自身や周りの人やモノを使って簡単に実験できることにあります。子供から大人まで楽しめる「じょうぎ落とし」は理科の定番実験だけでなく、プラシーボ(偽薬)を使った実験の大本命。ぜひ皆さんで楽しく実施してみてください。
この記事を読む »

バレンタインチョコを渡せない!告白できない!のは勇気がないから?

マジでチョコ渡す5秒前 バレンタインデー前後になると「チョコ 渡せなかった」、「バレンタイン 告白できなかった」などの検索ワードが急上昇。毎年の事だけど勇気が出ないから…と諦めていませんか?それとも、つらい思いをしたくないから始めから好意を抱かないようにしていますか?勇気について学べば、悩みは少しだけ軽く、克服へ近づけるかもしれません。
この記事を読む »

若く見られるより「年相応に落ち着いてるね」って言われたい

落ち着いた女性 女性も男性もこぞってアンチエイジングを求めるこのご時世にも、年相応に見えない・見てもらえなくて(若く見られて)困るという悩みをお持ちの方が各年齢、各世代におられます。優雅な動きや話し方を身に着けて年齢相応に見られる努力をしてみても、どこかぎこちない…。もしかするとその原因は、“心拍数”にあるのかもしれません。
この記事を読む »

ストラックアウトでパーフェクトを達成しよう!

strikeout 『筋肉番付』が生んだストラックアウト。この競技でのパーフェクト達成が見た目より難しいという事実は、集中力測定というプラシーボ実験の対象として優れていることを保証します。だって、プラシーボで集中力はあがらないはず。それでもストラックアウトの成績が伸びたなら、それはプラシーボ効果だと言えるはずだから。
この記事を読む »

百ます計算ぶっちぎり最速トレーニング

百ます計算 100マス計算は思考力を伸ばさない批判が為されましたが、実践者としては思考力云々は重要ではない気がします。重要なのは、練習で速さ(タイム記録)を求め、最速を極めたと信じたその先にある「向こう側」の世界に気付くこと。フロー理論が提唱するフロー状態を100マス計算を通じて体験することでしょう。ゲームの有用性もここにあるのかもしれません。
この記事を読む »

引きこもりの視線恐怖症だけれど外に出てみたい方へ

こっち見てる ひきこもりで視線恐怖症で適応障害で社会不適合で…といった烙印を自らに押し付けながら、だけど本当は外に出たいとお思いのひっきーの皆様。プラシーボ(プラセボ)を用いた実験的行動療法ならば、小さいけれど確かな“気休め”を提供できるかもしれません。
この記事を読む »

ストライク連発?心理的ボウリング上達法で熱戦・烈戦・超激戦!

ボウリングで熱い戦いを ボーリングはテクニックに加えて集中力が要求されるスポーツです。適切なハンディさえあれば老若男女が真剣にスコアを競うことだってできます。もしプラシーボ効果(プラセボ効果)で集中力が高まれば、勝負はもっと熱く、激しく、超楽しく!健康ボウリングや自由研究の課題にもおすすめ。ガーターあり、ストライクありの人生を愉しみましょう。
この記事を読む »

認知症予防に歩き方と足音から変えてみよう!歩幅を広げ、テンポよく。

雑踏の足音 NHKスペシャルでも紹介されましたが、MCI(軽度認知障害)や認知症の指標となるなど歩き方や足音は年齢を物語ります。アンチエイジングと健康寿命伸長の秘訣「歩く」。しかし逆に考えてみれば、歩幅を広げ軽快なリズムの足音を響かせるだけで人に与える印象は変わってくるでしょう。もちろん、自己認識さえも変えることができます。
この記事を読む »

パット練習、パッティングでゴルフをもっと好きになる!

プラシーボをゴルフ練習のお供に ゴルフを好きになるために、まずは上手くなる。そんな都合のいい方法があれば…。もしかするとプラシーボ(プラセボ)がそんな素敵な方法を提供するかもしれません。気の持ちようが大きな要素となるパッティングなら、プラシーボ効果で上達が見込める?室内練習場で得た確かな上達の実感をグリーン上で再現するためにできることがあります。
この記事を読む »

赤面症で顔や耳が赤く熱くなる理由・原因と対処・克服の心構え

赤面症のりんご 赤面症(せきめんしょう)あるいは赤面恐怖症や赤ら顔の悩みはそれを持つ本人にしかわかりませんが、もしかすると、あなたらしさを構成する大事な要素の一つかもしれません。それでもやはり直す/治したいとお悩みなら、交感神経の作用で「血のめぐり」が顔を赤く火照らせる原因を知り、実験的に行動を変えてみましょう。
この記事を読む »

あがり症の原因・理由を知り、手汗と共にオマモリズムを握って悩み克服?

みんなジャガイモ あがり症を克服・治すことは簡単ではありません。もし克服したければ、習慣的行動を変える努力が必要です。プラシーボ(偽薬)にはあがり癖をなおす力はありませんが、行動を変える“きっかけ”にはなれるかも?生理学に基づく進化的原因を知り直す期待をプラシーボにのっけて。キーワードは震え防止リズマーMNB2032&SPL1220?
この記事を読む »

自由研究にプラシーボを使ってみたい方へ

プラシーボを使った自由研究 プラシーボ効果(プラセボ効果、偽薬効果)の不思議に魅せられた小学生、中学生、高校生、大学生、そしていつまでも知的好奇心旺盛で探究心を忘れない大人のあなたに、プラセボ製薬株式会社からとっておきのプレゼントをご用意しました。春休みも夏休みも秋休みも冬休みも、自由研究はプラシーボにおまかせ!?
この記事を読む »

プラシーボ実験を行う上で気を付けたい、たった1つの大切なこと

ルーペでプラセボ製薬の未来を覗く女の子 プラセボ製薬のプラシーボを使って、プラシーボ実験を行うことが誰でも簡単にできます。しかし、一つだけ注意しなければならないことがあります。それは、「いつでも誰にでもプラシーボ効果が現れるわけではない」ということです。
この記事を読む »

閉眼片足立ちトレーニングは基準値や平均値を超えて

プラシーボで成績アップ?閉眼片足立ちテスト 閉眼片足立ち(へいがんかたあしだち)はご存知ですか?“目を閉じた状態で片足で立ち、何秒間キープできるか”という運動機能・平衡(バランス)感覚の簡単なテストです。プラシーボ(プラセボ)を使って、基準値や平均値に捉われない練習実験をしてみましょう。効果・効能は転倒防止、歩行動作の改善、運動機能の向上などなど。ぜひお試しを。
この記事を読む »