バレンタインチョコを渡せない!告白できない!のは勇気がないから?

2015年1月29日 2016年2月16日

マジでチョコ渡す5秒前

photo by pakutaso.com

1月末から2月14日にかけて、「バレンタインディ、キッス♪」とか、「チョッコレイト、ディスコ!」とか聞こえてくる季節になるとドキドキソワソワ…。

女性が男性にチョコレートをあげるのが恒例となった日本のバレンタインデーは、チョコと一緒に女の子から好意を伝える特別な日になっています。

しかし日本全国で多くの女の子が「好きです!」と伝えながら男の子に渡すはずだったそのチョコレートを、悲しくも自分で食べることになってしまっている事実をご存知でしょうか?

そう、毎年バレンタインデーの前後は「バレンタイン 告白できない」「チョコ 渡せなかった」などの検索ワードが急上昇。

とにかくその数の多いこと!見知らぬ誰かと分かち合う無念(もしくは、次こそ!の決意?)とともに飲み下されたチョコレートは甘いやら苦いやら…。

(※2015年2月14日の土曜日に引き続き、今年2016年も日曜日だから、当日会えない、渡せないじゃん!という方が多いのかな…?)

「告白」という特別、非日常、人生の一大事にいつものココロ持ちで臨んでも、上手くいかないことがあるのでした。

告白前に知っておきたい事

もしあなたが「片思いの相手に、今年こそは渡す!」と決意して本命チョコレートを用意されているなら、一つ覚えておいてください。それは、告白のタイミングが近づけば近づくほど、あなたの脳みそはフル回転で「告白しない・できない理由」を探し始めるということです。

あなたからあなた自身への約束、「渡すんだ!」という決め事はそのタイミングが近づけば近づくほど達成が重く感じられるのです。

どうしてだろう?

マジで告る5秒前

図では「心理的負債(しんりてき・ふさい)」と難しく表現していますが、要するに「心の重荷」がまさに告白!というタイミングに近づくにつれて加速度的に大きくなってくることを示しています。この「心の重荷」から逃れる術は、簡単な方法と困難な方法のたった2つしかありません。

簡単な方法:逃げる

「心の重荷」から逃れる簡単な方法は、約束を破ってしまうことです。自分自身との約束、「バレンタインデーにはチョコを渡して、そのまま告白!」を破ってしまうことです。

「やっぱ無理だわー」

そんな心の声に忠実に逃げ出してしまいましょう。

いくらかココロに澱(おり)のような気持ちが溜まって沈み込む可能性はありますが、その場から逃げてしまえば告白という一大事から取り敢えず離れることができ、心理的にもフッと一息つけるものです。

あとは手元に残った高価で立派なチョコレートがわりあいおいしそうに見えてくるので、無心にバリバリと包装を破き、ボリボリとチョコを噛み砕きましょう。

甘さに身を包まれていれば、人生の辛さなんて大したものではないと思えてきます。

困難な方法:克服する

「心の重荷」から逃れる困難な方法、それは、逆説的ですが約束を守ることです。告白直前に最高潮に達した心の重しは、その人の目の前に立って声をかけ始めた時点ですっかり消えて別のモノになってしまっています。

ただし何度も言うように、告白の直前、告白のタイミングが近づけば近づくほど心の重しは重さを増していくことだけは確実ですので覚えておいてください。

前日までにどれほど大きな決意や誓いを立てようとも変わりません。そのことは、多くの先輩方が実証してくれています。

では、少しでもその「心の重荷」を軽くする方法はないのでしょうか?

何はさておき、イメトレを

チョコを渡す直前に最大化する不安と高まる鼓動、息苦しさ、胸の痛みによってどうしたらいいかわからない状態、軽いパニック状態になることがあるようです。

何事もそうですが、はじめから上手くできることはありません。

事前に「その時」の情景をイメージしておきましょう。軽いパニック状態でも、伝えるべきことを伝え、渡すべきものを渡すことができた場面を想像しておきましょう。

なんどかイメージトレーニングしておけば、高まる興奮とドキドキで汗ばむココロの一部に冷静な「わたし」を維持できるはず。

パニクることが予め分かっているのなら、予行演習で対処しましょう。本番での勇気は、イメージ予習にかかっています。

「やっぱ無理だわー」

本番では、そんな言葉があなたの頭の中に“反射的”に、“自動的”に浮かんできます。ネガティブ・ワードが思い浮かんだ時に具体的にどう行動するかまで考え、入念なイメトレを。

勇気は外からやってくる?

勇気は、内なるもの、心の奥底にあって必要な時に取り出すモノのように思われがちですが、実はそうではありません。勇気は「心の重荷」を軽くしてくれる、自身の外側にある何かです。

決意や意志といったものは、簡単に覆ってしまいます。それを簡単に覆させないものとして、決意や意志の外側に用意しておかなければなりません。

友だち

あなたの恋愛が成就することをココロの底から願ってくれている心優しきお友だちがいれば、ぜひ告白の一歩手前までついてきてもらい、背中を押してもらってください。

告白の場面まで一緒に行くと決して良いことはありませんが、直前までなら大丈夫。そっと背中を押してもらってください。

音楽

人は古来より、音楽の作用によってある種のトランス状態を手にしてきました。現代においてもアガる音楽でテンションを上げて人生の一大事に「エイヤッ!」と飛び込むことは可能です

お気に入りの1曲が勇気を授けてくれるはず。

おまじない

「おみやげみっつ、たこみっつ!(トントン)」といったおまじないの類には、決意を支え、意志を助けてもらえるようなココロに対する作用があります。

背中を押してくれるのは、神か仏か、あるいは妖怪かもしれませんが、何でもよいのです。チョコレートを手作りするなら、チョコを溶かす合間におまじないと告白する場面の予行練習をしておきましょう。

プラシーボ

プラシーボはご存知でしょうか?偽薬(ぎやく)ともいって、薬効成分を含んでいないお薬みたいなものです。これをグッと飲み込んでその場に臨みましょう。

何か大きなことをしようとするとき、まずは小さな達成から始めるのがよいのです。いきなり大きなことをしようとすると、「心の重荷」がのしかかってきて上手くいきません。まず、小さなことから始める。

プラシーボを飲み込んでみることは、大きなことをしてみる助走段階の第一歩として最適です。プラシーボ効果があなたの決意を支えてくれることだってあるかもしれません。

困難だけれど、大事なこと

あなたが心に宿した「告白したい!」、「告白しよう!」という気持ちは、あなたの人生にとってとても大事なものです。あなたがすべきことは、「今」を見つめ、その気持ちに従って行動を起こすことです。

大人になり日常にもまれてしまえば、そんな気持ちを忘れてしまうことすらありえます。

あなたの人生を充実させる義務は、他の誰でもなく、あなた自身にあります。「それをしてしまえば、どんなことが起こるのだろう?」と自分の人生を利用した実験を行う気持ちで臨んでみてください。

「恥ずかしい!」、「照れる!」を自分の力で超えた先にある世界は、きっと今いる世界よりちょっとだけ明るいはず。

想いが実るにせよ、散ってしまうにせよ(ごめんなさい)、告白できたという事実は後々のあなたの人生の糧になります。

日本全国に笑顔でチョコをほおばる男子が増えることを祈って。

高価なチョコの、その効果

街を歩けば、あるいはAmazonのバレンタイン特集をのぞいてみれば、高価だけれど甘くてすっごくおいしそうなチョコレートたちにたくさん出会います。

高い方が気持ちがこもってて、告白の成功率アップ!?…と期待したいところですが、結果については神のみぞ知る不可知の領域。

でも、「奮発して、これだけのものを用意したのだ!」という気持ちは、あなた自身を勇気づけてくれるはずです。

ちょこっとリッチなそのチョコの効果を今年こそ試してみると良いかもしれません。

前日、当日でもまだ迷っているのなら

前日になって、あるいは当日になってもまだ迷っているのなら、取り敢えず、LINEかメールの文面だけ作ってしまいましょう。

「甘いもの好きだよね?」

送信する、しないで迷うところまで行きましょう。

あとは目の前にあるチョコとにらめっこして、「えいやっ!」です。

御武運を(`・ω・´)ゞビシッ!!

介護用偽薬『プラセプラス』詳細

プラセプラスはAmazonでご購入いただけます

スポンサーリンク


関連記事


記事一覧
介護用偽薬『プラセプラス』詳細

スポンサーリンク