パット練習、パッティングでゴルフをもっと好きになる!

2014年8月22日 2016年11月24日

ゴルフが上手くなる最も有効な方法は、ゴルフを好きになることです。そしてゴルフを好きになるのに最も有効なのは、ゴルフが上手くなることです。

これでは堂々巡りですが、上達→好き→上達→好き…のサイクルが重要なことは誰しも感じておられるのではないでしょうか?「好きこそ物の上手なれ」とは、よく言ったものです。

ゴルフスコア向上策

ゴルフは様々な要素から成り立っており、ひとえに「ゴルフが上手くなる」と言っても何をどうしていいか判然としません。ここは「ゴルフが上手くなる」を「スコアを上げる」に言い換えると自ずとすべきことは見えてきます。

パッティング一点突破!

特に初心者にとってスコアの伸びを妨げる大きな要素としてパッティングが挙げられますが、逆に言えば、パッティングさえ上手くなってしまえばスコアは安定的に良くなるため、上達→好き→上達…のサイクルに持ち込みやすいという特徴があります。

そこで、今回はパット練習、パッティングにおけるとっておきの秘訣を紹介します。

まずは、“入る”と信じることから

ゴルフ好きなら、パット練習用のグリーンを購入して家庭で継続的にパット練習をされているかもしれません。

ゆっくりと動作を確認しながら、パターの動き、腰の動きを調整し、狙いを定めて何度か打つ。

入った。入った。入らない。入った。

結構、入りましたね。

練習から実戦への架け橋

では実際のコースに出て同じことができるか…いや、なかなか入らない。

なぜか?

原因は様々あるでしょうが、頭の中でいらないことを考えすぎているのかもしれません。ボールを打ってホール(カップ)に沈める。その動作の結果に伴う期待や不安が手元をブレさせることがあります。その点は初心者ばかりでなく、プロだって同じです。

期待や不安と言った想念に打ち勝つたった一つの武器、それは“根拠なき自信”でしょう。頭をからっぽにできるか否か、と言い換えることもできますね。

自力で“根拠なき自信”を抱くことや、頭をからっぽにすることは、もしかするとゴルフの上達以上に難しいことかもしれません。

よし、俺は今から何も考えない。脳内を無で満たすために意識を集中し、無心を貫いて余計な考えを入れない柔軟な身体があればゴルフスイングもきっと改善するんだろうなぁ…俺のスイング姿勢はちょっとへたっちゃってるって前に言われたこともあるし、だからスコアも伸びないのかなぁ?いやイカンイカン、心は無だ。無駄な思考をやめるのだ…。

斯様に心の持ち方や思考のあり方を意志の力でコントロールするのは難しいものです。

しかし、プラシーボプラセボ)を使えばどうでしょうか?

練習のお供に、プラシーボ

プラシーボはグリーン上のあなたに“根拠なき自信”を抱かせ、頭をからっぽにしてくれる可能性を秘めています。

もちろんプラシーボですので、集中力を高めるような成分は一切含みません。

プラセプラス錠剤(複数)

しかし、プラシーボを服用することによって現れる効果、プラシーボ効果プラセボ効果)の存在を信じるならば、それを練習に取り入れることは一考に値します。

習慣の力を味方に付けて

いつものパット練習に加えて、プラシーボを服用しながらあまり深く考えずにテンポよくボールを打ってみる。

入らない。入った。入った。入らない。

プラシーボ練習の開始当初は結果を気にしないでおきましょう。継続が大事です。

続けていると、まぁまぁの結果が得られるかもしれません。

そうなればしめたもの。実際のコースで試してみましょう。

もしコース上でプラシーボを服用することが憚られるなら、プラシーボを飲み込むイメージだけでも構いません。いつも通り、ホール(カップ)を見据えて深く考えずにテンポよくボールを打ってみる。

入った。

屋内や室内練習をグリーン上での実践と全く同じにすることはできませんが、ある種のルーティンを採り入れて平静を保つ手法は様々なスポーツのプロフェッショナルによって日々活用されています。

プラシーボ服用もまた、そうしたルーティンとして使える行動の一つ。

ゴルフを好きになるために、まずはプラシーボ効果で「物の上手」になってみませんか?

さぁ、今日から練習を始めましょう!

介護用偽薬『プラセプラス』詳細

プラセプラスはAmazonでご購入いただけます

スポンサーリンク


関連記事


記事一覧
介護用偽薬『プラセプラス』詳細

スポンサーリンク