カテゴリー別アーカイブ: 健康・身体

アルコールは身体に毒?酔い・頻尿・体温上昇の生理学的メカニズム仮説

缶ビールに酔う男 お酒に溺れさえしなければ酔っ払いの快楽に勝るものなし?科学的機構は語り尽くされたので、ここでは物語を。酒が害をなす毒であるなら、積極的に分解・排泄しようとする各臓器の働きは一つのストーリーを描くはず。顔や肌が紅潮して赤くなり、おしっこ我慢でトイレの行列待ち、気分高揚から吐き気まで一貫したほろ酔い・酩酊・泥酔の物語を。
この記事を読む »

「一咳一錠」のかぜ薬?高齢者も若年者にも生じる身近な薬物依存症

風邪ひき女性 咳(せき)をするたびに風邪薬を飲む人がいる…という認知症高齢者の介護にまつわる驚きの事実。「一咳一錠」という新規四字熟語を創作してみれば、案外と奥深く広がる闇病みワールドが見つかりました。子どもを含む老若男女に生じ得る風邪薬依存は、のどの痛みや鼻詰まり、熱っぽさやだるさの解消を超えて精神的支柱となる場合があるようです。
この記事を読む »

汗が冷えて腹痛・下痢になる原因と対策は?冷感素材の機能性下着・インナーにもご用心!

汗っかきの夏 多くの恒温動物にとりスムーズな体温調節は死活的に重要ですが、人体の発汗作用は非常に優れ、進化の歴史を生き延びるのに決定的な役割を果たしました。汗をかくことは、時に脱水症状を引き起こしながらも生命の維持に欠かせません。ただし、現代人が手にした電気駆動の快適涼感生活は、別の問題を招きました。冷え過ぎによる下痢・腹痛です。
この記事を読む »

エアコンのクーラーや冷房で冷えて腹痛・下痢になる原因はクーラー病?

エアコンの効き過ぎで凍える 夏の暑さに対処するためクーラーをガンガンに利かせていたらお腹が冷えて痛くなってしまった。でも、一体なぜ?どういうメカニズム・機構なんだろう?と考えてみたらば。腹痛などの体調変化は外的環境に適応するための順応反応ではないか。暑い戸外から涼しい室内へと移動する際の温度変化は、身体に防御反応を起こさせてるんじゃなかろうかと。
この記事を読む »

腸液はなぜアルカリ性か?下痢時のおしりをヒリヒリさせるもの

消化管 世界は謎に満ち、身近な人体の事すら分からないことだらけ。「腸液 なぜアルカリ」で検索されたその人に明確な答えを提示したいのもやまやまですが、正解は見当たらず。ならば、原因と機能・目的に分けて解答を練ってみればどうだろうか…酸性!もとい、賛成!という訳で、にわか仕込みの生物・化学知識で考えてみました。乳酸菌の関与も?
この記事を読む »

寝つきが悪い時でも薬を使わないで寝入りたいので原因と対策を練る

眠り眠られ振り振られ 大人から子どもまでテレビ・パソコン・スマホのブルーライトに当てられ体内時計が狂い睡眠導入剤や睡眠薬がガンガン消費される世界は不健全なようにも思われますが、眠れているのなら大丈夫。より深刻な問題は持続する眠れない・寝付けない・寝付きが悪い。よくある対策が効かないで就寝時に気分が重いなら、グイッとお湯を飲んでみませんか?
この記事を読む »

鼻づまりを薬を使わず治すには?口呼吸による喉や舌の乾き解消法としての鼻洗浄・鼻うがい

気になる鼻詰まり 鼻炎や慢性的な副鼻腔炎、蓄膿症。一般用医薬品を使ってみたけど詰まりに効果なく、ただ死なず生活できるため症状継続中だったり。あるいは乳幼児からの口呼吸が喉や舌の乾燥だけでなく成長阻害、アデノイド顔貌、ADHD様症状を引き起こすなんて話も。重度重症例では手術適用が勧めらますが、まずは鼻の穴を通す生活を始めてみましょう。
この記事を読む »

サプリメントや健康食品の大量・過剰摂取に効果を望むなら非科学的に?

OL サプリや栄養補助食品には過量摂取で副作用を引き起こす成分が含まれるものもあり、そもそも飲めば飲むほど健康増進効果が得られるわけでもないので、過剰摂取は決して勧められるべきではありません。しかしどうしても大量に服用することをやめられないのなら、単一商品よりも複数商品を少しずつつまみ食いする非科学的方法をオススメします。
この記事を読む »

冬季うつ病の診断・治療を受ける前にライトを変えて心が冷える原因の対策を

冬の日の夜明け 季節性情動障害、通称、冬季うつ病。数年前から冬の深まりと共に話題になる「病気」ですが、誰もが経験する日照低下による気分の落ち込みと寒さ由来の低活動を病名として仕立て上げただけかも?もちろん思い通りに動けないことに対する悩み・不満はあるでしょうが、医師の診察を受ける前に生活環境を見直してみるのが良いでしょう。上を向いて。
この記事を読む »

片足で立てない理由は猫背?姿勢分析・姿勢矯正で立ち姿を美しく!

片足で立つ人 アクティブ・シニア御用達のロコモーティブ・シンドローム対策運動「片足立ち」ですが、全くできない、ちっとも立っていられない方が相当おられる模様。でも姿勢が悪く重心がずれているだけなのです。鍼灸整骨院などで受けられる姿勢分析と日々の姿勢矯正、あとは毎日練習をつづける心掛けで、あなたも片足立ちできるようになるはず。
この記事を読む »

風邪を早く治すために汗を大量にかく民間療法は間違い?自然治癒力を信じて

風邪ひきさん 風邪に効果的とされる発汗療法は身体自身が持つ価値基準に反し、体温調節作用を狂わせると批判されます。風邪薬などの対症療法薬もまた、かぜには効かないと言われます。では、何をすべきなのか?実のところ、「何もしない」をすべきなのです。自然治癒力が勝手に風邪を治してしまうから。おまじない式療法の本当の価値は…暇つぶし?
この記事を読む »

反跳性不眠の克服を邪魔する減薬期間の睡眠不安は偽薬対策で改善できる?

反跳性現象 睡眠薬の減薬や断薬は睡眠障害治療の最終目標です。しかし減薬時に伴い増大する不眠に対する恐怖や不安が治療前より症状を深刻化させる「反跳性不眠」という現象が知られ、睡眠薬利用の足かせとなり、また依存症の形成を促進しています。反跳性不眠の軽減策として偽薬置換法および漸減法・隔日法の応用が推奨される日が来るかもしれません。
この記事を読む »

快眠サポート肌着・インナーで暑くて眠れない人もリラックス?

眠る女性 パジャマじゃまじゃま…裸で眠るに忍びなく、かと言って現状の睡眠に満足していないなら寝間着に着目してみると良いかもしれません。肌着やインナーが機能性を向上させる昨今、私たちの睡眠環境は自らの手で良くすることができます。寝苦しい感覚と素直に向き合うことで見えてくる解決の糸口は、通気性にかかっていると言えるでしょう。
この記事を読む »

生理・妊娠時の喉の渇きや便秘は女性ホルモンの正常な作用?

水に浮かぶ花 生理や妊娠中に強く喉が乾くとき、大腸からも水分が奪われている?ほどよい柔らかさのうんちを作るのに必要な適度な水分も、着床準備から妊娠に至る人生の一大事においてはプロゲステロンの作用で子宮へと優先的・強制的に分配されてしまうのかも?喉の渇きと便秘、妊婦・プレママにありがちなこの傾向から、人体水理学が導く答えとは。
この記事を読む »

走ることについて語る本が提示する「身体カシコ理論」と健康観

裸足で歩こう 身体ってのは賢いんだ、我々が思っている以上に。 プラセボ製薬が提唱するいくつかの「身体カシコ仮説」は、上記の前提からヒトの生理機能に関するいくつかの仮説・理論を検証し、新たな側面を見出そうとする試みです。 私たちの体はあまりに賢いためこれまで“それ”に気づけずにいた。でもよく考えてみたらさ、実は“これ”ってこういう意味があるんじゃね?とラ
この記事を読む »

寝ている時にのどが渇くのは異常ではなく睡眠時の生理機能

のどを潤すハト 健康情報サイトや質問掲示板では「寝ている時に痛いほど喉が渇いて目が覚める」という質問が度々あって、何らかの「異常」に基づいて咽が渇く原因の説明が試みられます。睡眠時無呼吸症候群、糖尿病、尿崩症、加齢、ストレス…。そうした病気身体観から離れ、睡眠時の「正常」な生理機能を考えてみると違った答えが見えてくるでしょう。
この記事を読む »

健康病の時代に新たな健康観をプラシーボで

素敵な笑顔 健康を「病気ではない状態」とする否定形の定義を採用していては、いつまでだって充足することの無い不健康な状態になってしまいます。外的で客観的に見える基準に基づく健康観を離れ、自身の「生」から立ち上がるような健康観を。プラセボ製薬では、プラシーボ(偽薬)の販売を通じて新たな健康観の普及を目指しています。
この記事を読む »

冷え性の原因は進化論?改善の秘訣は根本的な理由を知ること

冷え知らずさん 冷え性で悩む多くの方は原因を自ら作り出し、強化しているのかもしれません。末端部分の冷え性にはヒトの進化に基づく根本的な理由があって治すものではありませんが、ココロにスルッと入り込む冷えを取り除く秘訣は、あなたの健康観を見直してカラダを信頼することから始まります。
この記事を読む »

最先端スポーツウェア性能と思い込み、どちらがパフォーマンスに影響?

スケート選手 2014年2月に開催されたソチオリンピック(ソチ五輪)において、一部で話題になったのがスピードスケート・アメリカ代表チームの不振問題です。 メダルが確実視されていたランキング上位の米国選手達が、軒並み期待を裏切る結果となってしまった…。なぜ!?どうして…?当の選手たちは、「あるモノ」に疑いの目を向けます。 それは、スポーツ用品メーカーのア
この記事を読む »

子どもの咳が気になったら試してみたい方法

眠る子供 長引く風邪と子供の咳が気になる、激しいせきで上手く眠れていないみたい、といった場合に注意深く見守るだけよりも“何か”をしてあげたほうが良いという研究報告があります。ハチミツ、アガベシロップに勝るとも劣らないゼリー処置でプラシーボ効果を期待するというのも、短期的にでもこどもの咳を治め、鎮めるのに有効かもしれません。
この記事を読む »