アーカイブ

子供にカプセルをうまく飲ませたいなら、慣れ重視の飲ませ方を

カプセルのおくすりを飲ませる方法が分からず悩む親御さん、案外大勢おられるようで。医薬品はもとよりサプリメントや健康食品がカプセル剤型で提供される昨今、幼少期のカプセル嫌いが後々どのような影響を人生に及ぼすかわかりません。しかし、無理やりに飲み込ませようとするのは考えもの。苦手意識を強く植え付けるより、慣れを優先して。
この記事を読む »

大人なのにカプセルがうまく飲み込めない方必見!偽薬トレーニング

カプセル剤との付き合いが憂鬱だ、という方は結構おられるようです。きっちり成人した大人でも病院で処方された医薬品のカプセルが飲めないことを医師や薬剤師に言い出せず困ったり、飲んでみたいサプリメントや健康食品がカプセル状だから泣く泣く諦めたり。そんなオトナな貴方でも上手に飲み込めるようになる方法は、偽薬で脳を再学習して…?
この記事を読む »

錠剤がいつも喉に引っかかる!の解消には服薬コップと偽薬で要練習?

喉に手をやる女性 医薬品の錠剤や玉薬、粒薬、カプセル、サプリメントや健康食品のタブレットなど飲むべきものは多けれど、飲み方指南は不足気味?服薬巧者は意識せずともスルリとのどを通してしまい、的確なアドバイスができません。高齢者介護・看護で問題となる嚥下障害を考えれば、服用法の改良があってもよいだろう…と言うわけで開発された手法をご紹介。
この記事を読む »

お薬やサプリメントの錠剤服用時に水量調節が難しい方の練習用偽薬として

おくすりこくりのカップ 偽薬を服薬の練習に使うのは合理的です。薬効成分フリーの偽薬なら、舌の上に残っても噛み砕いても喉に引っかかっても大過なく対処できるため。薬を一気に飲み込んだり複数の薬を一々飲み込む作業は、たくさんの水が必要ですが、水満腹感は栄養摂取を阻害します。低栄養問題、怠薬・残薬問題に裏にある「飲みにくさ」解消はこのアイデアで?
この記事を読む »

お薬やサプリメントの錠剤が舌の上に残ってしまう方に服薬練習用の偽薬として

おくすりこくりチラシ表面 医薬品は舐めるものじゃない、と分かっていても水と一緒には飲み込まれてくれない錠剤の苦さたるや。サプリメントなどのタブレットは誰しもが簡単に飲み込めるものでないけれど、練習する機会もないなら大人でさえ上手に出来なくて当然と言えましょう。服薬補助カップ『おくすりこくり』と『プラセプラス』は最適な練習環境を提供します。
この記事を読む »

太極拳で片足立ちがぶれる・バランスが取れないなら閉眼でコツを掴め?

太極拳の動き 太極拳の使い手たちの、あの緩慢ながらしなやかで美しい洗練された身体動作ったら!武術を発祥とした思わず見惚れるカラダの動きも、柔軟なバランス感覚が基礎となっています。ただ、健康増進目的で実践される、ある程度年齢を召された高齢者の中には平衡感覚の低下から「片脚で立てない」と悩まれることも。コツをつかむため目を閉じて?
この記事を読む »

VR酔い・3D酔い・映像酔いには慣れるしかない?仮想の鼻を頭に描いて

VR時代の到来 車酔いに子供のころから悩まされ、バスや船で嘔吐したり気分が悪くなる苦い経験をした方だけでなく、最近の立体映像技術の進歩がもたらしたVR(仮想現実)によっても、人は三半規管と脳神経を狂わせられちゃうみたいです。乗り物酔いの薬が立体酔いにも効く・緩和効果があるとも言われますが、「慣れる」という究極の解決策もありまして。
この記事を読む »

睡眠薬が効かない時に副作用を抑えプラシーボ効果を高める増量法

眠り姫 睡眠導入剤や催眠鎮静剤。眠剤とも略されるクスリには、市販での手に入りやすさと増量効果への期待と依存しやすさとが共存しています。ただ、処方箋薬でさえ効果はまちまちで効かない場合があったりして睡眠障害の患者さんと、治療に当たる医者を困らせていることも。強さにこだわらないをプラシーボ(偽薬・疑似薬)戦略が有効かもしれません。
この記事を読む »

初心者ブロガー必見!ブログ飯を実現するたった一つのコツ

悩めるブロガー 継続は力なり。ブログを始めてすぐの頃に立ちふさがる障害は「何も起こらない」「誰にも見向きされない」という事実。書き続けている自分は努力しているつもりが報われない気がして三日坊主で終わりがち。でも違うんです。1日5記事更新を勧める専業のプロブロガーが言うように、半年続けた時点がスタート。量質転化の秘訣と武器をあなたに。
この記事を読む »

配偶者の趣味の品々やゲームアカウントを勝手に捨てたい、処分したいと強く思う時に

ガンキャノンのモデル 断捨離やミニマリストは自らの価値観として自身に対し実行するなら大変有効な生活術・処世術。ただ夫婦・家族関係など自分と他人の境界線が曖昧となる空間において、自らの立場を危うくする他人のモノを排除したくなるのも人の常。妻が夫の大事な自転車を、鉄道模型を、プラモを、ネトゲ垢を捨てた事例から学ぶべきことがあります。武器を持て。
この記事を読む »

晴れない恨み辛みや消えない怒り憎しみ、現代版の臥薪嘗胆で忘れずに

臥したい薪 「誰かの裏切り、騙し行為を許せない」の悩みをプラシーボ効果で解消することは出来ません。うらみを消すのは簡単でないからです。ならば発想を逆転し、中国故事にならって臥薪嘗胆してみるのはいかが?偽薬は、現代版の臥薪や嘗胆を提供します。上手く使えば、復讐を達成できない愚かな越王や呉王になることができるかもしれません。
この記事を読む »

眠前薬として用いる眠剤の内服量を減らしたい方の疑似薬として

眠りの世界へようこそ 睡眠導入剤を数錠、寝る直前に服用し床に就く。眠れない。もう一錠。さらにもう一錠…。そうやって過量摂取した翌日は強い眠気で足下フラフラ。不眠の辛さは未経験者には分かりかねる面がありますが、飲み過ぎを抑えたいと思っているなら偽薬が役に立つかもしれません。介護用途でも積極的に用いられる偽薬を、減薬用に。
この記事を読む »

頓服薬の飲み過ぎ・飲みたがり対策用として偽薬を使う

薬袋をもつ男性薬剤師 頓服と書いて「とんぷく」と読むその言葉の意味は、症状が出たその時、一時しのぎで医薬品を服用すること。鎮痛剤、睡眠導入剤、抗不安剤、精神安定剤…頓服で用いられるくすりは多くありますが、そのどれもが依存を生む可能性を抱えています。特に介護の現場で問題となる認知症高齢者の服薬規定違反の解決に、偽薬の使用が推奨されます。
この記事を読む »

姿勢を良くする方法を試しても続かない意志力の弱さを補完する

手癖足癖 姿勢が悪いと視力は落ちるし集中力も保てないし良いことないし、そうだ、姿勢矯正しよう!と息巻いてネット検索で見つけた「正しい姿勢」も3日後には忘れ去られてしまうでしょう。意思だけではどうにもならない継続性の罠を乗り越え、新たな習慣・癖(くせ)を身に付けるにはプラシーボによる意志の“見える化”が有効かもしれません。
この記事を読む »

認知症高齢者の不眠治療における睡眠導入剤の減薬・休薬に

眠る猫 睡眠薬の副作用が痴呆症状を悪化させることがあります。せん妄や夜間徘徊、異常行動など意識レベルの低下がもたらす眠剤の効果を侮ることは出来ません。厚労省はガイドラインを策定し、過剰投薬、多剤併用を改めようとしていますが、「プラシーボ(偽薬)の積極的利用」という視点を摂り入れるならば、より具体的な提言につながると思います。
この記事を読む »

夫婦や家族で認知症について気軽に話し合うきっかけに

夫婦きのこ かつて痴呆症と呼ばれたお年寄りのボケ症状も今では認知症として広く知れ渡りました。高齢者・老人介護の問題として外から眺めていたことが、配偶者や両親の身に、あるいは自分自身の身に降りかかる事態も否定はできません。『プラセプラス』をきっかけに、ありがちな問題として夫婦や家族で語り合ってみることには意義があるように思われます。
この記事を読む »

発表会や試合の本番で緊張して実力が半分も出し切れない子供に

発表会直前、緊張で顔が真っ青になっている。試合前、ドキドキし過ぎて唇が震えている。そんなお子さんを前に、親御さんがしてあげられることって?「大丈夫、うまくいくよ」と声をかけても、何だかこっちまで緊張しちゃって…。そんな人生のちょっとした大舞台で、プラシーボ(偽薬)の“気休め”としての使い方をオススメします。
この記事を読む »

認知症治療薬の服用をやめることに悩む方の代替偽薬として

アリセプトなど抗認知症薬の中止・中断に思い悩む介護者・ご家族が多くおられます。「断薬すれば症状が悪くなる」との懸念は、在宅介護者にとって抗痴呆症薬をやめる決断を先送りするのに十分だからです。認知症のおくすりとその効果について疑問があっても、何もしないよりはと考えてしまうなら、一度偽薬に変えてみることをオススメします。
この記事を読む »

認知症BPSDの服薬管理に悩む介護者のための偽薬

つなぐ手 「問題行動」と呼ばれていた痴呆・ぼけ症状は現在「BPSD」と呼ばれます。BPSDへの適切な対処が今後益々増える認知症高齢者の介護にとって重要であることは間違いありません。介護者目線で語られたこれまでの介護観は、認知症目線、特に「不安」を基軸とした解釈によりどんどん改善され、服薬介護では偽薬も一翼を担っています。
この記事を読む »

ビジネス書・自己啓発本に感銘を受けたら実践したいたった1つの習慣

にらむネコ 自己啓発書や自己啓発系ビジネス本が人生を変えるなんてウソっぱち、と批判の的になることもありますが、読んでみれば案外と面白くためになる内容も多いものです。問題は感銘と感動と一時的興奮が冷めた後にも本の内容に沿うような行動がとれるか否かにかかっています。日々新たな行動を実践し習慣化するためには何が必要となるのでしょうか?
この記事を読む »