アーカイブ

痛み緩和期待が指の柔軟性をも向上させる?条件付けの波及効果【論文紹介】

ピアニストの指 科学実験の複雑性が増すと、因果関係が見えにくくなってしまいます。ただ、慎重に条件が調整された実験ならば、そこで見出された結果の応用範囲は確実に拡がるでしょう。プラシーボ効果(プラセボ効果)という不思議現象についても同じこと。「痛みを和らげてくれる」期待感が、鎮痛効果を生じると同時に疲労軽減、柔軟性向上をもたらすなら…。
この記事を読む »

アルツハイマー病治療薬候補「aducanumab(アデュカヌマブ)」の臨床試験結果が話題に【論文紹介】

ひまわり アルツハイマー型認知症の治療薬候補が小規模な臨床試験で良好な結果を示し、大規模治験への足掛かりを確かなものに。ここ数年漂っていた、「アミロイド仮説」に対する疑念も一先ずは様子見となるのかもしれません。ただ今後を思えば楽観もできず、進行中の第3相試験結果が待たれると同時に、医療経済に関する懸念も払拭されていません。
この記事を読む »

アルツハイマー型認知症の進行抑制に非ステロイド性抗炎症薬による慢性炎症治療が有効との報告

神経様葉脈 2016年現在の抗認知症薬治療研究(の一部)に関する科学者の興味は慢性炎症とその治療に向けられており、マウス実験による成果、というエクスキューズを要するものの、成果を見出しつつあります。ヒトへの応用へ向けた臨床研究には多大なコスト・労力が必要ですが、近い未来にアルツハイマー型認知症の予防や治療が可能となるのでしょうか?
この記事を読む »

医師法上の偽薬利用は処方箋の交付義務における例外措置(第22条1)として規定

判断を下す医師 医師法が想定する偽薬の用法は、暗示的効果を期待する場合です。第二十二条一は、この場合、処方箋の交付義務を免れると規定。暗示的効果は明示されない低効果の薬剤投与によって得られるとしています。ただ純粋な偽薬は、医薬品であるよりむしろ食品であり、当該条文規定に縛られることはありません。とは言え、依然複雑な問題が潜んでいます。
この記事を読む »

北朝鮮に対するウクライナのビザ免除協定破棄通告、原因は「偽薬販売」との報道も

北朝鮮国旗 シビアな外交問題に関して、各国の公式発表が何かに配慮されたものであると考えるが通常かと思われます。2016年現在、核実験や弾道ミサイル開発などで国際的に物議を醸し、制裁に至った北朝鮮に関する対応についても同様でしょう。国交制限の原因が領土に関する両者の意見の相違に基づくのか、はたまたニセ漢方薬のせいなのか。判断付かず。
この記事を読む »

学際的プラシーボ研究学会(SIPS)の公式会議が2017年4月にオランダで開催予定

SIPS公式会議ウェブサイト 「プラシーボ効果」が分野横断型の学際的研究におけるホット・トピックに。関連学会・研究機関の設立や公式会議開催の背景には、プラシーボ効果の科学的解明と医療応用を目指す世界的な流れがあります。国際的研究機関SIPSおよびPiPSの紹介を主とするプラセボ製薬のささやかな貢献が日本の研究魂に火をつけることを願って。
この記事を読む »

「擬似薬」と「擬似乱数」、臨床試験のプラセボ対照とランダム化比較を実現する2つの擬似

サイコロ コンピュータを使って無作為抽出って簡単に言うけど、本当のところ…?プラセボ対照のランダム化比較試験と言えば治験の定番であり、擬似薬(偽薬、プラシーボ)の活用は周知の事実。ただ、もう一つの擬似、「擬似乱数」についてはあまり知られていません。機械に命じればすぐさまランダムを吐き出すと期待するほど、ことは単純でないようで。
この記事を読む »

宇宙定数、無作為、プラシーボ効果を説明する「隠れた変数理論」

銀河 アインシュタインの宇宙項はハッブルの観察により撤廃を余儀なくされましたが、近年の宇宙論で復活を遂げています。また「神はサイコロを振らない」と喝破した反量子力学的世界観も論争に負けたかに思われましたが、今では見直しが始まっています。「隠れた変数理論」と呼ばれる魅力的な理論の恩恵をプラシーボ効果にもぶっかけたい。
この記事を読む »

痛み調節に関わるプラシーボ効果およびノシーボ効果の実験参加者が募集中(海外)

脳! 海外(米国)では研究者と直にやり取りのできる「臨床試験マッチング・サイト」が利用されているようです。プラシーボ効果やノシーボ効果に関する知見もまた、こうした地道な科学研究とそこに参加する治験ボランティアの意志によって蓄積されます。今はまだ有難く拝受するのみですか、いつの日にか実施団体として参画できれば、と。
この記事を読む »

マイケル・フェルプス選手の「紫色の丸い瘢痕(カッピング治療跡)」が話題に【2016リオ五輪】

クッピング療法 何かを背負うたび、人は強くなれる?「涙の数だけ強くなれる」と切なげに歌い上げる唄に倣い、「紫色の吸い跡の数だけ強くなれる」ことを圧倒的パフォーマンスで示したのがマイケル・フェルプス選手(米国)。競泳界のスーパースターは2016年夏の五輪で「吸い玉」の助けを借りて金メダルを獲得し、その赤い背中に注目を集めています。
この記事を読む »

『貨幣論』に垣間見る「貨幣」と「プラシーボ効果」の類似性

ビットコイン 経済学者、岩井克人氏の著作『貨幣論』は貨幣の本質を「本質のなさ」だと喝破する良書。経済に関する洞察を深めたいなら必読の一冊となるでしょう。一方、分野違いのプラセボ(偽薬)効果に関して何がしかを語る書籍であると仮定して読み進めてみれば…。そこに浮かび上がる類似性や相似性に目を向けてみれば、新たな知見が得られるかも。
この記事を読む »

ラムネみたいなお菓子に見える、だましの薬もどき?それ「偽薬」です。

ラムネの出店 「介護で使う、ほら、なんて言ったっけ、あのラムネみたいなやつ…」と言葉が出てこず有効な検索キーワードをまず調べている皆様。それ、「偽薬(ぎやく)」です。固形ラムネ菓子などは一般に「錠菓」と呼び、医薬品の一般的な剤型である「錠剤」を模した食べやすい形のおかしです。この錠菓をより介護用途に使いやすくした偽薬を紹介します。
この記事を読む »

議事録作成・活用のコツは、「読みたくなる」ように見せるテクニックを磨くこと

議事録ファイル 企業内で議事録を作成する苦労について語る話題のWeb記事では、社内政治の調整役として立ち回り疲弊する姿が多くのサラリーマンの心を捉えます。一方、公開を原則とする行政機関では議事録がコミュニケーションツールとして大活躍。そのテクニックやコツ、秘訣を学ぶなら、プラセボ製薬の「GIJIROCK(ギジロック)」がオススメ。
この記事を読む »

「仕事に役立つ数学」はプラシーボ効果の理解向上にも役立つか?

数学の授業 渋滞学でおなじみ西成活裕教授の『とんでもなくおもしろい仕事に役立つ数学』では数理科学分野で頻出する虚数のイメージが語られます。また超電導工学研究者、村上雅人教授の著書『なるほど虚数』は更なる虚数世界の深みへと我々を誘います。もしプラセボ効果の数学的モデル化が可能となれば、こうした成果は取り込み放題となるでしょう。
この記事を読む »

肯定的な期待が脳内報酬系に働きかけ免疫力を向上させる【論文紹介】

肯定的な期待の効果? 『Nature Medicine』掲載の研究成果に依れば、脳内の特定部位(報酬系を司るVTA)を活性化すれば免疫力が向上することを示唆します。免疫系に対するプラシーボ効果(偽薬効果)の作用経路は、効果への期待感によって報酬系を刺激することかもしれません。技術イノベーションがもたらす科学の進展は端緒に就いたばかりです。
この記事を読む »

虚薬効果は数の概念の拡張の歴史(ゼロ、マイナス、虚数、その他)をなぞるか?

想像上の数であるとされた「虚数」が実用化されたように、プラシーボ効果もまた「虚薬効果」として医療上不可欠なものとして活用される社会。プラセボ製薬ではそんな未来を描いています。その道程は現在のところ曖昧模糊、五里霧中ですが、既に過ぎ去った数学の歴史を振り返ってみれば何がしかのヒントが得られるかもしれません。
この記事を読む »

真実と虚偽のプラシーボ効果(虚薬効果)

真と実と虚と偽と 真実と虚偽、あるいは虚実と真偽。この美しい対称性を崩すトンデモナイ輩、それが「実薬」と「偽薬」です。医薬品の臨床試験で活躍する両概念は、対称性の破れをものともせず人口に膾炙しています。しかし、「プラセボ効果」が何らかの実際的な効果を有するのならばそれは「偽」ではなく「虚」でなければなりません。想像上の「虚」でなければ。
この記事を読む »

介護施設からあんまマッサージ指圧師、鍼灸師へ高齢者を紹介すれば紹介料を受けられる?

背中のマッサージ 国家資格である「あん摩マッサージ指圧師」、「はり師」、「きゅう師」。街中に多く存在する鍼灸マッサージ店などで活躍する施療師ですが、その業を規定する制度は昨今の医業情勢を鑑み、改正議論の最中。少子高齢化社会における医療と介護の連携政策において重視されていませんが、どうしてどうしてその重要性を無視することはできません。
この記事を読む »

柔道整復師の療養費はどうなる?専門家による検討会議事録を読み見えてくるもの

柔道整復師によるO脚治療 整骨院や接骨院における施術では条件を満たせば公的な健康保険(医療保険)が適用されます。柔道整復師は国家資格だからです。ただ、だからこそ科学的なエビデンスに基づく施療が求められ、保険金の申請に当たっては不正の疑いを咎められることになります。高齢化し続ける日本の行く末を左右する医療分野において、柔整師の立ち位置とは?
この記事を読む »

『代替医療の光と闇 魔法を信じるかい?』は健康食品ビジネスに興味がある人に読んでほしい良書

代替補完医療支持派と懐疑派の違いは「信じる」という人間の本性に関わる性質の違いに依っているのかも。無条件で(少なくとも曖昧な条件で)信じられる能力と、科学的に強固な証拠がなければ信じない信念と。各々の価値観に基づく良し悪しを柔軟に織り交ぜつつ、客観的な視点で社会を眺めてみたいなら『代替医療の光と闇』は格好の良書です。
この記事を読む »