新薬とは?

2014年7月27日 2014年12月11日

新薬(new drug)

新薬(しんやく)は、製薬企業が自信を持って「効きますよ!」とおすすめする薬。実薬と異なるのは、まだ「効きますよ!」の“科学的根拠”が薄弱か、今まさに検討中である点だが、自信の大きさと価格は実薬に勝る。

大事に大事に育てられてきたためか、自信は過剰気味である。しかし、ビッグ・マウス(大口叩き)は世界を変える可能性をも有するため、温かく見守る必要があるかもしれない。

過去の実力者(実薬)やプラシーボに睨(にら)まれても威厳を保っていられるかが勝負の分かれ目。

関連語:プラシーボ実薬
関連項目:プラシーボ対照試験実薬対照試験

新薬に関する最近の動向

“科学的根拠”は、お金さえを出せば“非科学的に”与えてくれる人たちがいる模様。また、“統計データ”があればありとあらゆる“科学的根拠”を生み出せる秘儀も開発された。

ただし、多くの製薬会社では科学的根拠に基づいた真っ当な新薬開発が現在も急ピッチで進められている。詳しくは「開発中 新薬」で検索してみてください。

おまけ:画期的新薬(ピカ新)

これまで解決できなかった病気に対する薬、あるいは新規の薬理作用に基づき従来の治療法を改新させる薬は「画期的新薬」と言われ、業界用語では「ピカ新(ぴかしん)」(「ピカピカの新薬」の意)とも呼ばれる。「ピカ新」は、景気浮揚と医療費削減を目指す政府、製薬企業の内部関係者、疾病関連団体から常にその誕生が望まれている。望まれ続けている、あるいは望まれ続ける。

プラセボ製薬は、「ピカ新」のカウンター・パートとしての「プラシーボ」の地位向上を目指しています。

介護用偽薬『プラセプラス』詳細

プラセプラスはAmazonでご購入いただけます

スポンサーリンク


関連記事


索引へ戻る
介護用偽薬『プラセプラス』詳細

スポンサーリンク