似せ薬とは?

2014年9月26日 2014年12月22日

似せ薬(niseta-kusuri)

似せ薬(にせ・ぐすり)は文字通り薬に似せた物、つまり「偽薬(ぎやく)」の事です。

言葉の持つ意味からすれば「擬薬(ぎやく)」がより近いものであると考えられますが、現在のところいずれも広く用いられているわけではありません。

同義語:偽薬擬薬
関連語:ニセ薬

「似せ薬」の使いどころ

「プラシーボ(プラセボ)」と初めて聞いて即座にその意味を理解する人はいません。

薬がどのようなものか知っていることを前提に、その薬効成分だけが含まれていない物があって、臨床試験などで薬の比較対象として用いられて…などと説明しなければ絶対に分からない外来語です。

しかし、「プラシーボって偽薬だよ。」と簡潔に説明することには危うさが潜んでいます。まず、プラシーボは偽薬より広い意味を持つ言葉であること。また、“偽”の持つネガティブな語感が「プラシーボ」のイメージを損ねることが挙げられます。

そのような時、「効くはずがないものが実際に効いちゃう場合があって、プラシーボ効果って言うんだけど。ちなみにプラシーボって、“例えば”似せ薬のことね。ほかにも…」と効果の存在から説明する方がいくらか良いように思われます。

ただ「似せ」は「ニセ」で「偽」だったりするので、ポジティブなイメージ形成がどこまで上手くいくかは分かりません。

介護用偽薬『プラセプラス』詳細

プラセプラスはAmazonでご購入いただけます

スポンサーリンク


関連記事


索引へ戻る
介護用偽薬『プラセプラス』詳細

スポンサーリンク