プラセプラス

2015年7月7日 2017年6月21日

『プラセプラス』はプラセボ製薬が販売する本物の偽薬です。プラシーボ効果を保証するものではありませんが、有効成分を含まないプレーンなタブレット(粒・錠剤)型プラシーボとして色々な場面で様々な用途にお使いいただけます。

選べる包装・着色タイプ

PTP包装品

プラセプラス30_PTP包装_バナー「プラセプラス30」詳細 »

アルミ袋包装品

プラセプラス200_アルミ袋包装_バナー「プラセプラス200」詳細 »

プラセプラス640_アルミ袋包装_バナー「プラセプラス640」詳細 »

着色 – アルミ袋包装品

プラセプラス・オレンジ200_バナー「プラセプラス・オレンジ200」詳細 »

【販売終了】ビン包装品

プラセプラス_ビン包装_販売終了_バナー「プラセプラス」詳細 »

使い方 – ニセモノだから、できること。

プラセボは偽薬です。「人の為の薬」と書いて、偽薬(※本商品は食品です)。

プラセボには、ニセモノだからできることがあります。

介護をスムーズにする偽薬として…

健康に不安を抱える高齢者の中には今そこにある苦しみから何としても解放されたいとの思いから、ある医薬品に執着し大量に服用される方がおられます。執着する対象は胃腸薬であったり、睡眠導入剤、抗うつ剤、頭痛薬、便秘薬、緩下剤であったりと様々ですが、そうしたホンモノの医薬品を飲みすぎるがために健康を害していると思われる場合が多々あります。

また認知症高齢者においては、一度規定量の薬を服用したにもかかわらず認知症状のためにその事実を失念し、何度も薬を飲みたがることがあります。こうした場合に本人の意向を否定せずスムーズにご対応いただくための偽薬として、既に多数のご家族さま、介護事業者さまに『プラセプラス』をご利用いただいております。詳細は以下をご参照ください。

『薬を頻繁に飲みたがる方に服用してもらう偽薬として』はこちら »

錠剤・粒の薬を飲む練習に…

錠剤・粒のおくすりを飲み込む練習用に、有効成分を含まない『プラセプラス』をご利用いただけます。練習とは数多くの失敗といくつかの成功体験を積み重ねることだと考えれば、“失敗できる”偽薬は練習に最適です。

詳しくは以下の記事をご参照ください。

その他

『プラセプラス』は様々な使い方で日々の生活をちょこっと向上させるチカラを秘めています。あなたなりの使い方を見つけてみてください。

プラシーボの使い方はこちら »

『プラセプラス』はプラシーボ効果を保証するものではありませんが、すでに多くの方にご愛用いただいております。プラセボ製薬の『プラセプラス』を、是非お試しください。