タグ別アーカイブ: おまじない

手塚治虫『火の鳥』に見る古代・中世・未来の医療観と現代の画像診断技術

予言カード 「マンガの神様」とは手塚治虫先生のこと。漫画界を革命的に押し広げた寵児は医師免許を持つ医師でしたが、手腕には不安があったそうな。ただ、その医学的知識が名作『ブラック・ジャック』を生み出し、自身のライフワーク『火の鳥』に活かされました。歴史を舞台に巡り巡られる人間の姿は、現代の科学的価値観を映し出す鏡となっているのかも。
この記事を読む »

キョロ充をやめたいのにやめられないと悩むなら試したい解決方法

高校生や大学生など周囲との人生経験の差が明らかに現れてくる年齢になるとグループやコミュニティ内での格差が自覚され、リア充、ぼっちなどと言われるレッテルを過剰に意識してキョロ充になってしまうことも。キョロ充がつらくて止めてしまいたいとお悩みでしたら、実験的な解決策を試してみましょう。孤独に光を、人生に指針を。
この記事を読む »

姿勢を良くする方法を試しても続かない意志力の弱さを補完する

手癖足癖 姿勢が悪いと視力は落ちるし集中力も保てないし良いことないし、そうだ、姿勢矯正しよう!と息巻いてネット検索で見つけた「正しい姿勢」も3日後には忘れ去られてしまうでしょう。意思だけではどうにもならない継続性の罠を乗り越え、新たな習慣・癖(くせ)を身に付けるにはプラシーボによる意志の“見える化”が有効かもしれません。
この記事を読む »

信仰の不自由な方の為の神さま講座「おしゃべり」篇(お地蔵さんも出るよ!)

地蔵に願いを さとうみつろう氏の『神さまとのおしゃべり』で語られる幸福論は、ある意味ではプラセボ論として成立しているように思われます。いやむしろ、プラシーボ効果論そのものかも。神さま?信仰?現実とは?あなたは不幸になりたがっている?そもそも…そんな多彩な会話に導かれるようにして、あなたの固定観念はグニャリゆがみ始めるかもしれません。
この記事を読む »

バレンタインチョコを渡せない!告白できない!のは勇気がないから?

マジでチョコ渡す5秒前 バレンタインデー前後になると「チョコ 渡せなかった」、「バレンタイン 告白できなかった」などの検索ワードが急上昇。毎年の事だけど勇気が出ないから…と諦めていませんか?それとも、つらい思いをしたくないから始めから好意を抱かないようにしていますか?勇気について学べば、悩みは少しだけ軽く、克服へ近づけるかもしれません。
この記事を読む »

子どもの咳が気になったら試してみたい方法

眠る子供 長引く風邪と子供の咳が気になる、激しいせきで上手く眠れていないみたい、といった場合に注意深く見守るだけよりも“何か”をしてあげたほうが良いという研究報告があります。ハチミツ、アガベシロップに勝るとも劣らないゼリー処置でプラシーボ効果を期待するというのも、短期的にでもこどもの咳を治め、鎮めるのに有効かもしれません。
この記事を読む »

若く見られるより「年相応に落ち着いてるね」って言われたい

落ち着いた女性 女性も男性もこぞってアンチエイジングを求めるこのご時世にも、年相応に見えない・見てもらえなくて(若く見られて)困るという悩みをお持ちの方が各年齢、各世代におられます。優雅な動きや話し方を身に着けて年齢相応に見られる努力をしてみても、どこかぎこちない…。もしかするとその原因は、“心拍数”にあるのかもしれません。
この記事を読む »

もっと速く走るためのコツはリズム練習法でつかめ!

スタート! かけっこ、かけくらべ、徒競走、50メートル走、100メートル走。得意な人にとっては自分の存在をアピールする絶好の機会であったり、苦手な人にとっては避けたかったり。もし今よりもっと速く走りたいなら、速く走るリズムとイメージを手に入れなければなりませんが、あるものを使えばそれは簡単に手に入ります。かけっこ、かけくらべ、徒競走、50メートル走、100メートル走。得
この記事を読む »

不安の強い子供に気休めのプレゼントを。息子・娘に信頼を。

気休めのプレゼントを お子さんの抱える不安についてお悩みでしたら、プラシーボ(プラセボ)の使用をお勧めします。プラシーボ効果(プラセボ効果)は“気休め”の効果です。“気休め”は文字通り、気を休めさせることしかできませんが、それこそが求められているもののように思われます。プラシーボで、気休めを手渡してみませんか?
この記事を読む »

赤面症で顔や耳が赤く熱くなる理由・原因と対処・克服の心構え

赤面症のりんご 赤面症(せきめんしょう)あるいは赤面恐怖症や赤ら顔の悩みはそれを持つ本人にしかわかりませんが、もしかすると、あなたらしさを構成する大事な要素の一つかもしれません。それでもやはり直す/治したいとお悩みなら、交感神経の作用で「血のめぐり」が顔を赤く火照らせる原因を知り、実験的に行動を変えてみましょう。
この記事を読む »

あがり症の原因・理由を知り、手汗と共にオマモリズムを握って悩み克服?

みんなジャガイモ あがり症を克服・治すことは簡単ではありません。もし克服したければ、習慣的行動を変える努力が必要です。プラシーボ(偽薬)にはあがり癖をなおす力はありませんが、行動を変える“きっかけ”にはなれるかも?生理学に基づく進化的原因を知り直す期待をプラシーボにのっけて。キーワードは震え防止リズマーMNB2032&SPL1220?
この記事を読む »

プラシーボが提供する『おみやげみっつ、たこみっつ』

おおかみ ※当記事は『おおかみこどもの雨と雪』に関するネタバレを含みます。 「おみやげみっつ、たこみっつ(トントン)」というおまじないはとても印象的で魅力的で、真似したくなってしまいます。おまじないとプラシーボ効果(プラセボ効果)、どこか似たところがあるように思われませんか?
この記事を読む »