タグ別アーカイブ: ストレス

気分転換のコツを知り解消できない微妙なストレスと上手に付き合う方法

気分爽快な空模様 人間関係などの社会的なストレスを別にしても、日常生活において気分の波を感じることは多々あって上手な気分転換の方法があれば人生はハッピーになるやも。そうしたコツや極意を知るためには現実的で本質的なコトバの探求が不可欠です。ただの言葉遊びと侮るなかれ、具体的な行為に還元できる処方箋を描くことは人生レベルでも有用なのです。
この記事を読む »

『医者には書けない!認知症介護を後悔しないための54の心得』は家族介護者の必読書

認知症介護本 「40歳からの遠距離介護」というブログ名を地で行く工藤広伸さんの著書『医者には書けない!認知症介護を後悔しないための54の心得』は介護者による介護者のための本です。被害者意識に陥ることなく、介護ストレス軽減に実践的工夫を凝らし、柔軟な姿勢で“しれっと”日常を過ごす。老老、認認介護で立ち行かなくなる前に、ご一読を。
この記事を読む »

認知症BPSDの服薬管理に悩む介護者のための偽薬

つなぐ手 「問題行動」と呼ばれていた痴呆・ぼけ症状は現在「BPSD」と呼ばれます。BPSDへの適切な対処が今後益々増える認知症高齢者の介護にとって重要であることは間違いありません。介護者目線で語られたこれまでの介護観は、認知症目線、特に「不安」を基軸とした解釈によりどんどん改善され、服薬介護では偽薬も一翼を担っています。
この記事を読む »

痴呆症状のある認知症高齢者に偽薬を使用することの是非について

トリックのあるマジック 痴ほう症状が出ているからといって人格が崩壊しているわけではありません。認知症の方からは各人の生活の歴史に基づく精神世界が社会という規制の枠にとらわれず立ち現われてくるようです。老いてボケた人は「正しくない」と判断する前に、その世界に寄り添う対応を心掛けてみてください。偽薬パフォーマンスがそれを補助できることを願って。
この記事を読む »

認知症ケアを実践する家族の介護ストレスを解消・軽減するアイデア

オレンジバンドと認知症の理解 認知症高齢者の数は増え、在宅ケアを要する場面も増えています。家族の介護ストレス、介護にまつわるイライラを少しでも軽減できるアイデアはあるのでしょうか?介護職として老人介護施設に従事されたプロの方や身近な親族を介護した経験者の言葉に耳を傾けてみれば、希望的な見方もあるようです。もしかすると偽薬もそのお手伝いができるかもしれません。
この記事を読む »

賢明なる投資家の皆様が行動心理学を用いて判断力を高める方法

投資家の仕事はリスクを負うこと 賢明なる投資にはコツがあります。それは、「上手くいかないパターン」を認識しておくことです。ヒトの動物としての本能的心理に関する知識や、行動経済学的知見はあなた自身の「上手くいかないパターン」についての大きな示唆を与えてくれます。苛立ち、焦り、興奮、当惑、自暴自棄。動物としての人間の理解に努めてみましょう。
この記事を読む »