タグ別アーカイブ: 介護

「一咳一錠」のかぜ薬?高齢者も若年者にも生じる身近な薬物依存症

風邪ひき女性 咳(せき)をするたびに風邪薬を飲む人がいる…という認知症高齢者の介護にまつわる驚きの事実。「一咳一錠」という新規四字熟語を創作してみれば、案外と奥深く広がる闇病みワールドが見つかりました。子どもを含む老若男女に生じ得る風邪薬依存は、のどの痛みや鼻詰まり、熱っぽさやだるさの解消を超えて精神的支柱となる場合があるようです。
この記事を読む »

錠剤がいつも喉に引っかかる!の解消には服薬コップと偽薬で要練習?

喉に手をやる女性 医薬品の錠剤や玉薬、粒薬、カプセル、サプリメントや健康食品のタブレットなど飲むべきものは多けれど、飲み方指南は不足気味?服薬巧者は意識せずともスルリとのどを通してしまい、的確なアドバイスができません。高齢者介護・看護で問題となる嚥下障害を考えれば、服用法の改良があってもよいだろう…と言うわけで開発された手法をご紹介。
この記事を読む »

お薬やサプリメントの錠剤服用時に水量調節が難しい方の練習用偽薬として

おくすりこくりのカップ 偽薬を服薬の練習に使うのは合理的です。薬効成分フリーの偽薬なら、舌の上に残っても噛み砕いても喉に引っかかっても大過なく対処できるため。薬を一気に飲み込んだり複数の薬を一々飲み込む作業は、たくさんの水が必要ですが、水満腹感は栄養摂取を阻害します。低栄養問題、怠薬・残薬問題に裏にある「飲みにくさ」解消はこのアイデアで?
この記事を読む »

お薬やサプリメントの錠剤が舌の上に残ってしまう方に服薬練習用の偽薬として

おくすりこくりチラシ表面 医薬品は舐めるものじゃない、と分かっていても水と一緒には飲み込まれてくれない錠剤の苦さたるや。サプリメントなどのタブレットは誰しもが簡単に飲み込めるものでないけれど、練習する機会もないなら大人でさえ上手に出来なくて当然と言えましょう。服薬補助カップ『おくすりこくり』と『プラセプラス』は最適な練習環境を提供します。
この記事を読む »

錠剤薬を飲むときは受け皿つき服薬補助カップが断然おすすめ

おくすりこくりのふたにお薬 錠剤も玉薬も粒薬もカプセルも、いつだって床に落っことしちゃうのよ!とお嘆きの方に朗報です。喉に詰まらないよう滑らかに設計された医薬品がコロコロ転がるのも当然のこと。これを防ぐ手立ては、受け皿を用意するだけ。服薬介助用の『おくすりこくり』ならフタとして標準装備するという逆転の発想で服薬規定のミスをも減らしてくれます。
この記事を読む »

高齢者向けプラスチックカップ『おくすりこくり』には服薬補助のアイデアが満載!

おくすりこくりの抗菌シール 医薬品にまつわる悩みに、薬を飲むこと自体の困難があります。飲み込もうと頑張っても水ばかり飲んで錠剤が舌に残る、どうしてもカプセルが喉に引っかかるなど。特にお年寄りの場合、老眼や手元不如意など老人性の悩みが加わり、手が滑り落とした錠剤を見つけるのに難儀するなど、残薬問題に繋がる課題も。「おくすりこくり」は解決策となるか?
この記事を読む »

介護プロフェッショナルキャリア段位制度は現場に普及するか?

空手の有段者 内閣府より厚生労働省に移管された「介護プロフェッショナルキャリア段位制度」。制度普及のカギは「アセッサー」と呼ばれる評価者の負担軽減であるとされています。当制度が制度が現場へと普及し介護職の社会的地位が向上し、処遇改善を図るという理想的な流れにうまく乗れるか否かは平成28(2016)年現在、非常に不透明です。
この記事を読む »

水じゃなくぬるま湯・白湯で?高齢者介護・看護の服薬管理を家庭に活かす方法

おくすり手帳と薬と水 白湯りすと、増加中?ぬるま湯の利点は低刺激、冷えによる害が少ないこと。認知症状が脱水により進展する可能性が指摘される昨今、益々適切な水分補給の重要性が増しています。痴呆症状はなくとも、何かしら医薬品のお世話になることの多い高齢者世代にとっては簡単便利なぬるま湯調達が服薬管理のみならず生活の質を維持することに直結します。
この記事を読む »

カプグラ症候群とコタール症候群?プラシーボ効果と認知症の脳をつなぐもの

週刊プレイボーイ「真実のニッポン」 脳の器質的障害によって起こるとされる奇妙な病気、カプグラ症候群とコタール症候群。人の理性が自己正当化にあることを窺わせる精神医学的な症例は「思い込み」という現象の不可思議さをいくらか解消してくれます。脳科学的なプラシーボ効果の解明に、また認知症の方が抱く独自の精神世界を読み解くカギとして「思い込み」を捉えてみたらば?
この記事を読む »

眠前薬として用いる眠剤の内服量を減らしたい方の疑似薬として

眠りの世界へようこそ 睡眠導入剤を数錠、寝る直前に服用し床に就く。眠れない。もう一錠。さらにもう一錠…。そうやって過量摂取した翌日は強い眠気で足下フラフラ。不眠の辛さは未経験者には分かりかねる面がありますが、飲み過ぎを抑えたいと思っているなら偽薬が役に立つかもしれません。介護用途でも積極的に用いられる偽薬を、減薬用に。
この記事を読む »

頓服薬の飲み過ぎ・飲みたがり対策用として偽薬を使う

薬袋をもつ男性薬剤師 頓服と書いて「とんぷく」と読むその言葉の意味は、症状が出たその時、一時しのぎで医薬品を服用すること。鎮痛剤、睡眠導入剤、抗不安剤、精神安定剤…頓服で用いられるくすりは多くありますが、そのどれもが依存を生む可能性を抱えています。特に介護の現場で問題となる認知症高齢者の服薬規定違反の解決に、偽薬の使用が推奨されます。
この記事を読む »

高齢者介護小説を読んで老人の生態を知りたくなった人が読むべきマンガ作品

しおり 羽田圭介氏の芥川賞受賞作品『スクラップ・アンド・ビルド』は介護家族が描かれます。力なく衰退へと向かう老人と、我が身の成長を幸福の糧とする若者が出会う時、“生”がその本性を現し…。老人の生態を理解することなど不可能で、他者として観察しつつ関わるしかできませんが、そこに「楽しむ」という視点があっても良いように思われます。
この記事を読む »

リハビリテーションによる運動機能回復に大切なやる気や頑張りを生み出すには?

リハビリテーションする男性と理学療法士 リハビリテーション時のポジティブな思考が回復を早めることは経験的に知られていましたが、その理由・原因・機構が脳科学によって明らかとなりました。ただ、臨床現場では理学療法士など専門家による心理的サポートを含む介助が既に為されているため実践面での影響は限定的。プラシーボ(偽薬)を持ち込めば、より面白くなるかもしれません。
この記事を読む »

「ハグビー効果」で好きになる?心理的な美人抱き枕が販売中!

石黒浩氏のアンドロイド研究が生み出した『ハグビー®』は、人生を豊かにする可能性を秘めた存在感伝達メディア。2015年9月現在、ネット通販で買うことは出来ませんが京都西川にて店頭販売、1万円程度の価格で購入することができるようです。安心感や親近感が不足しがちな現代のプラシーボとして、価値ある一品かもしれません。
この記事を読む »

認知症高齢者の不眠治療における睡眠導入剤の減薬・休薬に

眠る猫 睡眠薬の副作用が痴呆症状を悪化させることがあります。せん妄や夜間徘徊、異常行動など意識レベルの低下がもたらす眠剤の効果を侮ることは出来ません。厚労省はガイドラインを策定し、過剰投薬、多剤併用を改めようとしていますが、「プラシーボ(偽薬)の積極的利用」という視点を摂り入れるならば、より具体的な提言につながると思います。
この記事を読む »

高齢者の薬の飲み忘れ、飲み残しの原因・対策は?

薬を飲む老人 老人になると急に薬をうっかり飲み忘れてしまう(怠薬)、飲み残してしまう(残薬)わけではありません。お年寄りに限らず誰もがその傾向を持っています。常に“正しい”を求める“失敗を許さない”施策はヒトに向かないためです。欠乏の科学が提示する新たな制度デザインの可能性について考えてみれば、より適切な回答が見出せるかも?
この記事を読む »

死に往く者に「早く死んでほしい」と思ってしまうこの気持ちについて

人がある種の動物的感覚や感情を捨てて文明を築き、文化を花開かせた一方、我々に残された動物的本能が時に心理的な負担となることがあります。終わりの見えぬ介護の疲れに「早く死んでくれ」と思い、殺意を抱く自分を無慈悲だと責めてみたり。理想と現実の狭間で揺れるとき、寄り添うべきは現実とそれを自然だと思う心持ちかもしれません。
この記事を読む »

夫婦や家族で認知症について気軽に話し合うきっかけに

夫婦きのこ かつて痴呆症と呼ばれたお年寄りのボケ症状も今では認知症として広く知れ渡りました。高齢者・老人介護の問題として外から眺めていたことが、配偶者や両親の身に、あるいは自分自身の身に降りかかる事態も否定はできません。『プラセプラス』をきっかけに、ありがちな問題として夫婦や家族で語り合ってみることには意義があるように思われます。
この記事を読む »

錠剤服用コップ『おくすりこくり』で子供も大人も高齢者も楽々服薬習慣!

おくすりこくり外装 NHKの番組で人気に火のついた『おくすりこくり』はちいさなお子さんや老人、もちろん薬が飲めずに悩む大人の服薬もラクにする画期的な商品です。また面白いグッズ、介護用品としてYoutubeで動画が投稿されていたり。粒のおくすりが飲み込めないとおなやみなら、年齢を問わず使用できる『おくすりこくり』で練習するのが吉?
この記事を読む »

認知症治療薬の服用をやめることに悩む方の代替偽薬として

アリセプトなど抗認知症薬の中止・中断に思い悩む介護者・ご家族が多くおられます。「断薬すれば症状が悪くなる」との懸念は、在宅介護者にとって抗痴呆症薬をやめる決断を先送りするのに十分だからです。認知症のおくすりとその効果について疑問があっても、何もしないよりはと考えてしまうなら、一度偽薬に変えてみることをオススメします。
この記事を読む »