タグ別アーカイブ: 健康保険

介護施設からあんまマッサージ指圧師、鍼灸師へ高齢者を紹介すれば紹介料を受けられる?

背中のマッサージ 国家資格である「あん摩マッサージ指圧師」、「はり師」、「きゅう師」。街中に多く存在する鍼灸マッサージ店などで活躍する施療師ですが、その業を規定する制度は昨今の医業情勢を鑑み、改正議論の最中。少子高齢化社会における医療と介護の連携政策において重視されていませんが、どうしてどうしてその重要性を無視することはできません。
この記事を読む »

柔道整復師の療養費はどうなる?専門家による検討会議事録を読み見えてくるもの

柔道整復師によるO脚治療 整骨院や接骨院における施術では条件を満たせば公的な健康保険(医療保険)が適用されます。柔道整復師は国家資格だからです。ただ、だからこそ科学的なエビデンスに基づく施療が求められ、保険金の申請に当たっては不正の疑いを咎められることになります。高齢化し続ける日本の行く末を左右する医療分野において、柔整師の立ち位置とは?
この記事を読む »

医療機関で偽薬を販売する場合はサプリメント等の食品の例を参考に

医療法人の業務範囲 サプリメントや健康食品を病院・診療所・クリニック等で販売することについて、厚生労働省が「可能である」と明示しています。規制改革、規制緩和の流れを汲む医療機関の経営基盤の安定化は逼迫する健康保険財政にとって急務。物販、あるいは保険診療外の自由診療を提供することが患者に資するようであれば、導入を検討すべきかもしれません。
この記事を読む »

プラセボ製薬のローテクなロマンティカ

プラセボ製薬が取り組む「医療費の低減」は国家的なテーマ 最近こんな本を読みました。『シリーズ生命倫理学 第17巻 医療制度・医療政策・医療経済』(今中雄一・大日康史 編、丸善出版)現代日本の抱える医療経済学的問題の核心が、少子高齢化にあることはみんなわかっています。では、専門家はどのような解決策を提示しているのでしょうか?
この記事を読む »