タグ別アーカイブ: 処方箋

セルフメディケーション税制創設の背景に国民医療費高騰への危機感あり

セルフメディケーション推進の流れ 特定成分を含んだOTC医薬品を扱う薬局・薬店・ドラッグストアではセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)への対応を迫られています。管理コストが増える一方で、健康意識を高める施策としての薬局機能強化は国家プロジェクトの一部であり、国策的な優遇がなされることも。かかりつけ薬剤師は健康管理のよきパートナーになれるか?
この記事を読む »

セルフメディケーション税制は面倒?減税額とレシート保存&確定申告の手間は要勘案

薬局店舗 2017年(平成29年)より医療費控除の特例として特定の一般用医薬品(OTC医薬品)については、その年間購入金額の一部を所得から控除できるようになりました。健康意識を高めて医療費低減を図るセルフメディケーション推進施策の一環として創設された新税制。利用には領収書の保存や検診受診、それに確定申告書の提出を要するとのこと。
この記事を読む »

医師法上の偽薬利用は処方箋の交付義務における例外措置(第22条1)として規定

判断を下す医師 医師法が想定する偽薬の用法は、暗示的効果を期待する場合です。第二十二条一は、この場合、処方箋の交付義務を免れると規定。暗示的効果は明示されない低効果の薬剤投与によって得られるとしています。ただ純粋な偽薬は、医薬品であるよりむしろ食品であり、当該条文規定に縛られることはありません。とは言え、依然複雑な問題が潜んでいます。
この記事を読む »