タグ別アーカイブ: 卒薬

エンディングノート・終活本に書いておきたい医薬品を卒業する日のこと

灯篭流し 人生を考える上で、自らの死を見つめてみることが重要な意義を持つ場合があります。エンディングや終活などの流行り言葉に終わらせることなく実施すれば、無用な混乱を現世に巻き起こすことなくただあの世へと立ち去ることも可能かもしれません。できれば不要なものは捨てて、身軽に…。飲み過ぎの薬もやめられる、そんな卒薬のススメ。
この記事を読む »

眠前薬として用いる眠剤の内服量を減らしたい方の疑似薬として

眠りの世界へようこそ 睡眠導入剤を数錠、寝る直前に服用し床に就く。眠れない。もう一錠。さらにもう一錠…。そうやって過量摂取した翌日は強い眠気で足下フラフラ。不眠の辛さは未経験者には分かりかねる面がありますが、飲み過ぎを抑えたいと思っているなら偽薬が役に立つかもしれません。介護用途でも積極的に用いられる偽薬を、減薬用に。
この記事を読む »

頓服薬の飲み過ぎ・飲みたがり対策用として偽薬を使う

薬袋をもつ男性薬剤師 頓服と書いて「とんぷく」と読むその言葉の意味は、症状が出たその時、一時しのぎで医薬品を服用すること。鎮痛剤、睡眠導入剤、抗不安剤、精神安定剤…頓服で用いられるくすりは多くありますが、そのどれもが依存を生む可能性を抱えています。特に介護の現場で問題となる認知症高齢者の服薬規定違反の解決に、偽薬の使用が推奨されます。
この記事を読む »

高齢者の薬の飲み忘れ、飲み残しの原因・対策は?

薬を飲む老人 老人になると急に薬をうっかり飲み忘れてしまう(怠薬)、飲み残してしまう(残薬)わけではありません。お年寄りに限らず誰もがその傾向を持っています。常に“正しい”を求める“失敗を許さない”施策はヒトに向かないためです。欠乏の科学が提示する新たな制度デザインの可能性について考えてみれば、より適切な回答が見出せるかも?
この記事を読む »