タグ別アーカイブ: 厚生労働省

「認知症地域支援推進員」は認知症カフェの企画立案を担う中心人物

オレンジ 認知症地域支援推進員は地域包括ケアシステムを下支えする認知症関連施策の地域マネージャーとして活躍が期待されています。平成30(2018)年度から全市町村で実施、認知症サロンの企画など具体的な働きを担うこととなるでしょう。種々の身体・精神症状のあるお年寄りをサポートするという発想から、その人らしい生活の場の構築を目指し。
この記事を読む »

薬事分科会規程に見る官公庁内「規程」のいいかげんな取り扱い

折り紙ダリア お役所へ行くとたらい回しにされ結局問題が解決しなかったエピソードは掃いて捨てるほどありそうですが、この情報化社会に、ICTが声高に叫ばれる現代においてもまだインターネット版たらいまわしは続けられるようです。官公庁の内部規則を定めた「規程」は最新版がどこにあるか分からない状況はバージョン管理ツールの導入で改善されるはず。
この記事を読む »

医薬品第一部会と第二部会の違いは薬食審・薬事分科会規程に基づく

医薬・食品衛生審議会_組織略図 厚生労働省に設置された「薬事・食品衛生審議会」、その下の「薬事分科会」、さらにその下部に位置付けられた「医薬品第一部会」および「医薬品第二部会」。名前から両者の機能の違いを判別することはできません。法的根拠を有する部会は日本の国政上、大きな力を持っているのだから、専門家だけでなく多くの人の目に触れるべきだと思われ。
この記事を読む »

議事録作成・活用のコツは、「読みたくなる」ように見せるテクニックを磨くこと

議事録ファイル 企業内で議事録を作成する苦労について語る話題のWeb記事では、社内政治の調整役として立ち回り疲弊する姿が多くのサラリーマンの心を捉えます。一方、公開を原則とする行政機関では議事録がコミュニケーションツールとして大活躍。そのテクニックやコツ、秘訣を学ぶなら、プラセボ製薬の「GIJIROCK(ギジロック)」がオススメ。
この記事を読む »

介護施設からあんまマッサージ指圧師、鍼灸師へ高齢者を紹介すれば紹介料を受けられる?

背中のマッサージ 国家資格である「あん摩マッサージ指圧師」、「はり師」、「きゅう師」。街中に多く存在する鍼灸マッサージ店などで活躍する施療師ですが、その業を規定する制度は昨今の医業情勢を鑑み、改正議論の最中。少子高齢化社会における医療と介護の連携政策において重視されていませんが、どうしてどうしてその重要性を無視することはできません。
この記事を読む »

柔道整復師の療養費はどうなる?専門家による検討会議事録を読み見えてくるもの

柔道整復師によるO脚治療 整骨院や接骨院における施術では条件を満たせば公的な健康保険(医療保険)が適用されます。柔道整復師は国家資格だからです。ただ、だからこそ科学的なエビデンスに基づく施療が求められ、保険金の申請に当たっては不正の疑いを咎められることになります。高齢化し続ける日本の行く末を左右する医療分野において、柔整師の立ち位置とは?
この記事を読む »

介護プロフェッショナルキャリア段位制度は現場に普及するか?

空手の有段者 内閣府より厚生労働省に移管された「介護プロフェッショナルキャリア段位制度」。制度普及のカギは「アセッサー」と呼ばれる評価者の負担軽減であるとされています。当制度が制度が現場へと普及し介護職の社会的地位が向上し、処遇改善を図るという理想的な流れにうまく乗れるか否かは平成28(2016)年現在、非常に不透明です。
この記事を読む »

第7次医療計画(平成30年度~)は現状の流れを引き継ぐか?

厚生労働省の医政局が主催する「医療計画の見直し等に関する検討会」において、平成30(2018)年度より実施される「第7次医療計画」の策定に向けた議論が進行しています。地域主体、PDCAサイクルの掛け声を都道府県レベルの行政機関が実行しますが、必ずしも的確な評価し、改善へとつながる次の行動を採れるわけではありません。
この記事を読む »

ビッグデータ活用による質の高い医療提供に向けた検討会が紛糾する理由

怒りをあらわにする女性 政府肝いりで開催された厚生労働省の諮問会議「データヘルス時代の質の高い医療の実現に向けた有識者検討会」。医療制度の専門家と当事者が意見を述べ合うそのミーティングの場に置いてどれほど高尚な議論がなされているのでしょうか?公開された議事録を読めば、そこにあるのは驚くべき事実の数々。国民として、納税者として一見の価値あり。
この記事を読む »

夜間対応型訪問介護の事業所数・受給者数は少なく、今後も拡大見込みなし

夜間対応型訪問介護-サービス提供時間 介護の需要は夜間も深夜も関係ない場合があります。認知症などによる昼夜逆転しかり、夜間排泄時の不始末然り。そうした夜間の介護ニーズに対応するため創設された地域密着型「夜間対応型訪問介護」でしたが、採算が合わず、介護職員(ヘルパー)が集まらず、事業者が積極的に参入することはなく。今後は他の包括的サービスに移行するでしょう。
この記事を読む »

「地域包括ケアシステム構築に向けた公的介護保険外サービスの創出・活用」に係るシンポジウムが開催

高齢者と介護士 平成27年度末、2016年3月に公開される「地域包括ケアシステム構築に向けた公的介護保険外サービスの参考事例集」(保険外サービス活用ガイドブック)。近い未来、自由に展開できる保険外自費負担サービスが拡充され、隆盛を誇るのでしょう。財政破綻を避け、自分らしい人生を歩む高齢者が増え、世代間格差を抑え込めるか。要注目。
この記事を読む »

定期巡回・随時対応型訪問介護看護は24時間型ヘルパー・ナーシングサービス

介護する人、される人 平成24年より地域密着型サービスとして提供中の「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」は公的保険制度創設以来の「夜間対応型訪問介護」とは異なる特徴があります。市町村の主導により地域包括ケアシステムを構築する上で、大事な役割を担うとされる当サービス。平成28(2016)年時点ではどういった稼働状況となっているのでしょうか?
この記事を読む »

「地域医療連携推進法人」制度の創設に関する経緯まとめ@2016

地域医療連携法人とは? 超高齢社会を迎える2025年の社会保障制度を持続可能なものとするため、「地域医療連携推進法人」とよばれる制度が創設されました。市町村などの地域ごとに医療サービス提供者が一体となり、効率化を目指すことが目的です。政府主導で提起され、厚生労働省により検討された制度は平成29(2017)年までに施行予定。医師の意志やいかに?
この記事を読む »

医療法人制度の見直しに関する経緯をまとめてみた@2016

よくわかった医師 平成27(2015)年に成立した改正医療法の一部が平成28(2016)年にも施行される運びとなり、所管の厚生労働省が周知の推進を図っています。セミナーや士業ブログ、専門家の書籍を通じて医療法人制度改革の詳細が広まっていくものと思われますが、様々な検討会を経た今般の改革に至る流れを知ることでより理解は深まるはず。
この記事を読む »

小規模多機能型居宅介護サービスは要介護高齢者のコンビニや~!

小規模多機能型居宅介護の事業所数 地域包括ケアシステムの中核を担うと目される「小規模多機能型居宅介護」は要支援者への介護予防給付も実施する地域密着型サービスです。市町村の指定を受け、利用者の専属事業所として365日、24時間の便利な役務を提供します。通常の通い・訪問・泊まりに訪問看護を加えた「複合型サービス」と共に、今後増加すると予想されています。
この記事を読む »

介護ロボットに本気出す厚生労働省老健局@2016

人型ロボット 厚生労働省は介護関連政策の一環として介護ロボットの普及推進に力を入れています。平成27年度補正予算より多額の支援枠を採用し、来たる介護人材不足と保険制度崩壊の危機を乗り越えるべく、平成28年度も急ピッチで事業を展開。現場のニーズと開発企業のシーズを上手く組み合わせる調整役のコーディネーターを拠点配置。期待、高まる。
この記事を読む »