タグ別アーカイブ:

「ニセのバス停:老人ホーム前」が嘘と偽物だけど優しさに満ちていると話題に

鷽 高齢者介護施設では独自の精神世界をもつ認知症(痴ほう症)の人に対してウソとニセモノを用いた応答が日常茶飯事。もちろん騙して貶めてやろうということではなく、ご本人の生き方や考え方に寄り沿った介護を積極的に実行するためです。SNSをはじめネット上で話題になったバス停の贋物の例から、「理想論」でない何かを見いだしたく。
この記事を読む »

プラシーボとホントの嘘とニセの真実と

プラセプラス(ピノキオ風味) “他人に嘘をつくには技術が必要だが、自分に嘘をつくには才能が必要だ” こんな言葉がアイデア・ノートに書き留められていました。どこかで誰かの言葉として読んだのか、はたまた自分で思いついて書いたのか。それが、分からないのです(「元ネタこれじゃね?」などの情報があればご提供願います)。
この記事を読む »

【クスリスクに】薬の小道具としてプラシーボを使う【ご用心】

それでは、プラシーボを出しておきますね 演劇やごっこ遊びにおいて、本物のクスリを用いることはリスクを伴います。偽薬(プラシーボ、プラセボ)を用いることでリスク回避が可能です。クスリを使ったあんなシーンやこんなシーン、どの商品を使うべきか悩む必要はもうありません。ミント味の錠菓でむせる危険性も、よく分からない薬効成分もないピュアなプラシーボをあなたに。
この記事を読む »