タグ別アーカイブ: 時事

学際的プラシーボ研究学会(SIPS)の公式会議が2017年4月にオランダで開催予定

SIPS公式会議ウェブサイト 「プラシーボ効果」が分野横断型の学際的研究におけるホット・トピックに。関連学会・研究機関の設立や公式会議開催の背景には、プラシーボ効果の科学的解明と医療応用を目指す世界的な流れがあります。国際的研究機関SIPSおよびPiPSの紹介を主とするプラセボ製薬のささやかな貢献が日本の研究魂に火をつけることを願って。
この記事を読む »

小児の不安症に対する臨床試験でプラシーボ効果を抑える方法?【論文紹介】

アンビリーバブル 子どもでも社会不安障害を訴える・診断されることがあり、奨励はされませんが時に薬物治療を検討する場合も。ただ、その他の医薬品開発と同様に治験における薬効の評価が芳しくない例が少なくありません。その原因とみられるのがプラシーボ(プラセボ)効果。偽薬によっても効いてしまうのなら、真の効果を見出す秘策はあるのでしょうか?
この記事を読む »

定期巡回・随時対応型訪問介護看護は24時間型ヘルパー・ナーシングサービス

介護する人、される人 平成24年より地域密着型サービスとして提供中の「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」は公的保険制度創設以来の「夜間対応型訪問介護」とは異なる特徴があります。市町村の主導により地域包括ケアシステムを構築する上で、大事な役割を担うとされる当サービス。平成28(2016)年時点ではどういった稼働状況となっているのでしょうか?
この記事を読む »

2018年度の介護報酬改定・制度改革では各世代「負担増」の見通し

2018介護報酬改定見通し 介護保険は40才以上…という前提は2018(平成30)年度から変わってしまうかもしれません。増加し続ける保険給付に対応するには保険料の増額が必要ですが、一人当たり負担額を抑えるため30代、20代をも被保険者とする制度変更案が検討されています。また要介護度の低い軽度者向けサービスが給付対象から外れ自己負担化の可能性も。
この記事を読む »

フレイルとは?高齢者の要介護・要支援化は降圧剤を飲み過ぎる高血圧治療のせいかも

週刊文春「降圧剤」記事 「虚弱高齢者」なる言葉も使われるフレイル状態。精神活動や身体運動など心身の活力や筋力が低下した状態です。後期高齢者の多くが服用する降圧薬の過剰摂取は老人の健康を害し、認知機能の低下まで招いているとアルツハイマー型認知症研究から示唆されています。今後、減薬や卒薬を積極的に行うことのできる医師・薬剤師が求められるでしょう。
この記事を読む »

君はイギリスのロックバンド、PLACEBO(プラシーボ)を知っているか?

PLACEBO(プラシーボ) UK(英国)バンドは日本国内でほとんど話題にならず、未だにThe Beatles(ザ・ビートルズ)がその代表とされる状況ですが、いやいやどうして。メジャーデビュー以来、20年間活躍を続けるPlacebo(プラシーボ)が世界的には大変有名で人気があります。ロックフェスおよび単独で来日公演をこなす彼らに注目してみませんか?
この記事を読む »

遠隔診療の適用拡大で在宅医療や訪問看護・介護、在宅死のあり方が変わる?

スマホでキャプチャ 厚生労働省のガイドライン通知により遠隔医療の解釈明確化がなされ、インターネット時代に即した医療のIT化が進展します。直接の対面診療から、在宅でのモニター画面を通じた遠隔診療へ。公平性を広げ、平等な医療サービスの提供を旨とする国民皆保険制度の趣意に合致したこの流れは高齢者医療・介護の問題を必然的に変化させるでしょう。
この記事を読む »

県政・市政を伝える広報紙でも高齢化社会を反映し「認知症カフェ」の取り組みが紹介

県民だより「ひょうご」平成27年12月号(神戸版) NHKの公共放送や厚生労働省の後押しがある2015年現在、「認知症カフェ」の取り組みが拡大しています。より生活に身近な県や市も独自の広報誌で認知度向上を図ります。全ての人にとって他人事ではなくなった超高齢化社会の世相を反映する話題・紙面作りがなされる今のうちに、現実的課題に真正面から向き合わなければならないと思います。
この記事を読む »

電話・FAX・メールで「代金引換」にてご購入いただいた場合の日時指定について

アマゾン猫 プラセボ製薬のホンモノ偽薬『プラセプラス』はネット通販以外に、電話・FAX・メールでもご注文可。なお、決済手段として「代引き」をご選択の場合にはFBAマルチチャネルサービスへ配送業務を委託しておりますが、日時指定はお受けしません。が、しかし、ヤマト運輸さんのサービスとして受取側での日時変更が可能みたいなので情報共有。
この記事を読む »

「女性用バイアグラ」とも呼ばれる『Addyi®』があまり売れていないらしい

トルコ版バイアグラ 2015年8月、FDAに販売承認を受けた『Addyi』(一般名:フリバンセリン)が10月の処方開始後3週間で227人の女性に処方されたそうです。かのED治療薬の代名詞『Viagra』が初月600,000人の男性を力強く勃ち上らせたのとは対照的に、じんわり染み入るようスタートを切った『Addyi』。今後に目が離せません。
この記事を読む »

被介護者への殺意を理解できる?介護経験は人生観を変化させる【アンケート】

アンケート集計結果 介護経験がもたらす介護者側の意識変化は、不可避です。死を求める心、殺意、自由の制限。それを認めること自体、ストレスとなるかもしれません。認知症を発症された元ドラえもん声優の大山のぶ代さんと、その介護日記を書籍の形で公表した夫の砂川啓介さん。二人のご経験からは多くのことが学べるように思います。
この記事を読む »

カジノ・パチンコ型に加えて病院型の介護施設(デイサービス)が増える予感

カジノ ゲームセンターに高齢者が集い、疑似カジノや模擬パチンコ・スロット機器を備えたデイサービスをお年寄りが求める。超高齢化社会を迎える日本では有効に暇をつぶして楽しむことの巧拙が現役引退後の満足感を決めるのかもしれません。老人娯楽産業の隆盛が事業者に競走と差別化を求めるなら本格的「病院型」サービスを検討してみるのが良いかも?
この記事を読む »

未病チェックを次世代健康産業の柱とするヘルスケア業界の悲観的未来予想

未病未満 最先端医療と最新技術を応用し未病を治す事業開発を推進する神奈川県は「未病産業研究会」を立ち上げました。イノベーションがニューフロンティアを開拓する古臭い(失礼!)漸進主義は悲観的に捉えざるを得ません。「未病」を血眼で探し出すスマホに健康診断されたくないなら、「今を生きる」その感覚に集中すべきかと。
この記事を読む »

リハビリテーションによる運動機能回復に大切なやる気や頑張りを生み出すには?

リハビリテーションする男性と理学療法士 リハビリテーション時のポジティブな思考が回復を早めることは経験的に知られていましたが、その理由・原因・機構が脳科学によって明らかとなりました。ただ、臨床現場では理学療法士など専門家による心理的サポートを含む介助が既に為されているため実践面での影響は限定的。プラシーボ(偽薬)を持ち込めば、より面白くなるかもしれません。
この記事を読む »

映画「アリスのままで」の感想と加えてオススメしたい認知症介護実録本

アリスのままで 家族性の若年性アルツハイマー型認知症を扱う『アリスのままで』は、感動だけでは語れない家族介護の様相、混乱を描いた映画です。渡辺謙さん主演『明日の記憶』をご記憶の方なら、「やはり」と思う描写、また違った視点から描かれる物語に気付くのではないでしょうか。『アリスのままで』で認知症に興味を持った方におすすめの本を紹介します。
この記事を読む »

テレビ朝日「モーニングバード!」様にプラセボ製薬をご紹介いただきました

テレビ朝日リンク画像 2月26日、テレビ朝日の情報満載ライブショー「モーニングバード!」さまに当社事業をご紹介いただきました。事業内容や『プラセプラス』を広くお伝えいただきましたこと、また当社事業へのご理解を頂けましたことを心より感謝申し上げます。ありがとうございました。
この記事を読む »

『プラセプラス』在庫切れ時のご対応について

謝罪 『プラセプラス』が在庫切れとなった場合でも、当社が提案する体験型の使い方を実践できなわけではありません。実はこれまでも様々なモノが薬の飲みたがり対応などに利用されてきました。そうしたものをお使いいただければ、突然の要求にも応えていただくことができるでしょう。『プラセプラス』はあくまで代用品の一つに過ぎません。
この記事を読む »

カウンターフィット薬(偽造薬、偽造医薬品)にご注意を

色々な医薬品 「偽薬(ぎやく)」と似た言葉に「偽造薬(ぎぞうやく)」や「偽造医薬品(ぎぞういやくひん)」があります。偽造医薬品は世界中での流通拡大とともに健康被害が増大しているとも言われ、注意が喚起されています。これらは一体、どういったものなのでしょうか?
この記事を読む »