タグ別アーカイブ: 服薬

子供にカプセルをうまく飲ませたいなら、慣れ重視の飲ませ方を

カプセルのおくすりを飲ませる方法が分からず悩む親御さん、案外大勢おられるようで。医薬品はもとよりサプリメントや健康食品がカプセル剤型で提供される昨今、幼少期のカプセル嫌いが後々どのような影響を人生に及ぼすかわかりません。しかし、無理やりに飲み込ませようとするのは考えもの。苦手意識を強く植え付けるより、慣れを優先して。
この記事を読む »

大人なのにカプセルがうまく飲み込めない方必見!偽薬トレーニング

カプセル剤との付き合いが憂鬱だ、という方は結構おられるようです。きっちり成人した大人でも病院で処方された医薬品のカプセルが飲めないことを医師や薬剤師に言い出せず困ったり、飲んでみたいサプリメントや健康食品がカプセル状だから泣く泣く諦めたり。そんなオトナな貴方でも上手に飲み込めるようになる方法は、偽薬で脳を再学習して…?
この記事を読む »

錠剤がいつも喉に引っかかる!の解消には服薬コップと偽薬で要練習?

喉に手をやる女性 医薬品の錠剤や玉薬、粒薬、カプセル、サプリメントや健康食品のタブレットなど飲むべきものは多けれど、飲み方指南は不足気味?服薬巧者は意識せずともスルリとのどを通してしまい、的確なアドバイスができません。高齢者介護・看護で問題となる嚥下障害を考えれば、服用法の改良があってもよいだろう…と言うわけで開発された手法をご紹介。
この記事を読む »

お薬やサプリメントの錠剤服用時に水量調節が難しい方の練習用偽薬として

おくすりこくりのカップ 偽薬を服薬の練習に使うのは合理的です。薬効成分フリーの偽薬なら、舌の上に残っても噛み砕いても喉に引っかかっても大過なく対処できるため。薬を一気に飲み込んだり複数の薬を一々飲み込む作業は、たくさんの水が必要ですが、水満腹感は栄養摂取を阻害します。低栄養問題、怠薬・残薬問題に裏にある「飲みにくさ」解消はこのアイデアで?
この記事を読む »

錠剤薬を飲むときは受け皿つき服薬補助カップが断然おすすめ

おくすりこくりのふたにお薬 錠剤も玉薬も粒薬もカプセルも、いつだって床に落っことしちゃうのよ!とお嘆きの方に朗報です。喉に詰まらないよう滑らかに設計された医薬品がコロコロ転がるのも当然のこと。これを防ぐ手立ては、受け皿を用意するだけ。服薬介助用の『おくすりこくり』ならフタとして標準装備するという逆転の発想で服薬規定のミスをも減らしてくれます。
この記事を読む »

高齢者向けプラスチックカップ『おくすりこくり』には服薬補助のアイデアが満載!

おくすりこくりの抗菌シール 医薬品にまつわる悩みに、薬を飲むこと自体の困難があります。飲み込もうと頑張っても水ばかり飲んで錠剤が舌に残る、どうしてもカプセルが喉に引っかかるなど。特にお年寄りの場合、老眼や手元不如意など老人性の悩みが加わり、手が滑り落とした錠剤を見つけるのに難儀するなど、残薬問題に繋がる課題も。「おくすりこくり」は解決策となるか?
この記事を読む »

錠剤を飲めない子供への上手な飲ませ方(幼児~小学生対象)

お薬を飲む男の子 幼児でも5才以上になると、病院で錠剤のクスリをもらうことがあるようです。しかし幼児に限らず、小学生の子供でも(大人でも?)中々うまく粒薬を飲み込めないということが少なくありません。プラシーボ(偽薬)でおくすりを飲み込む練習をすれば、スルリと飲めるようになるかも?信頼感を育む上手な玉薬の飲まし方を実践しましょう。
この記事を読む »

錠剤の薬が飲み込めない大人のための偽薬練習のススメ

クスリを一気に飲み込む男性 お薬を飲むのが得意な方もいれば苦手な方もおられます。子供だけでなくオトナでも、どうしても錠剤やカプセルを飲み込めないことがあります。そんな時、偽薬(プラシーボ、プラセボ)を使った練習を試みてはいかがでしょうか?プラシーボは錠剤を飲み込む練習としておとなのあなたに最適なソリューションを提供します。
この記事を読む »