タグ別アーカイブ: 期待

放射線・重粒子線がん療法のアブスコパル効果は非プラシーボ効果を証明すべき

悩める医師 放射線治療や重粒子線治療はプラシーボ効果が現れやすい医療技術である。といえば、語弊があるでしょうか。しかし、プラシーボ(偽治療)を対照とする比較試験を実施しないことには、線照射による癌細胞破壊効果もがん組織縮小効果も、ましてやアブスコパル効果なんてがん治療とは無関係の空想上の概念に過ぎないですので、対策はお早めに。
この記事を読む »

初心者ブロガー必見!ブログ飯を実現するたった一つのコツ

悩めるブロガー 継続は力なり。ブログを始めてすぐの頃に立ちふさがる障害は「何も起こらない」「誰にも見向きされない」という事実。書き続けている自分は努力しているつもりが報われない気がして三日坊主で終わりがち。でも違うんです。1日5記事更新を勧める専業のプロブロガーが言うように、半年続けた時点がスタート。量質転化の秘訣と武器をあなたに。
この記事を読む »

ほめられたい褒められない誉められたい!恥ずかし心理を超えて「ほめる」人に

笑って笑って笑って ほめられるのが嫌な人はいませんが、褒められ慣れていないと恥ずかしさが前面にでちゃうかも?そんな褒められ心理を理解したければ、自ら「ほめる」側に回ってみるのが良いでしょう。何が褒めを誘導し、誉めが何をもたらすかを観察する実験を行ってみれば、あなた自身の社会的承認欲求の形がハッキリしたり変形したりするかもしれません。
この記事を読む »

晴れない恨み辛みや消えない怒り憎しみ、現代版の臥薪嘗胆で忘れずに

臥したい薪 「誰かの裏切り、騙し行為を許せない」の悩みをプラシーボ効果で解消することは出来ません。うらみを消すのは簡単でないからです。ならば発想を逆転し、中国故事にならって臥薪嘗胆してみるのはいかが?偽薬は、現代版の臥薪や嘗胆を提供します。上手く使えば、復讐を達成できない愚かな越王や呉王になることができるかもしれません。
この記事を読む »

食品・飲料・香料・嗜好品の新商品開発における壁はプラシーボ効果?

香しき花を愛でる猫 各社鎬を削る食料品・飲料品・嗜好品の開発において最も重視されるのは味覚や嗅覚などの官能的な評価です。しかし、この評価は思い込みや先入観、プラシーボ効果によって歪められてしまう傾向があります。ビデオゲームにも認められるプラシーボ効果を脱し、適正で客観的な価値基準を持ちこむことは可能でしょうか?それとも…。
この記事を読む »

姿勢を良くする方法を試しても続かない意志力の弱さを補完する

手癖足癖 姿勢が悪いと視力は落ちるし集中力も保てないし良いことないし、そうだ、姿勢矯正しよう!と息巻いてネット検索で見つけた「正しい姿勢」も3日後には忘れ去られてしまうでしょう。意思だけではどうにもならない継続性の罠を乗り越え、新たな習慣・癖(くせ)を身に付けるにはプラシーボによる意志の“見える化”が有効かもしれません。
この記事を読む »

プラシーボ効果が年々アップして鎮痛剤の治験突破を妨害している話【論文紹介】

権威ある科学誌『ネイチャー』において公表された「プラシーボ効果が年々向上している。ただし米国のみにおいて」という分析結果は、偽薬の積極的応用を後押しするように思われます。医療費の高騰が社会問題化する昨今、プラセボ製薬では有効成分を含まないプラシーボとその効果の活用を一つの光明として提示したいと考えています。
この記事を読む »

リハビリテーションによる運動機能回復に大切なやる気や頑張りを生み出すには?

リハビリテーションする男性と理学療法士 リハビリテーション時のポジティブな思考が回復を早めることは経験的に知られていましたが、その理由・原因・機構が脳科学によって明らかとなりました。ただ、臨床現場では理学療法士など専門家による心理的サポートを含む介助が既に為されているため実践面での影響は限定的。プラシーボ(偽薬)を持ち込めば、より面白くなるかもしれません。
この記事を読む »

注射針の痛みを抑えるコツ・秘訣はプラシーボ効果にあり?

プラシーボ効果により注射が痛いのを軽減できると考えるならば、逆にノシーボ効果により痛みが増幅される恐怖をも受け入れなければなりません。針入部を指で強く圧迫したり、氷で冷やしたりする感覚麻痺法と思い込み効果の合わせ技で不安感や恐怖心を払しょくすることが出来れば…。ただし「痛み」の感覚は生きていることの証左でもありまして。
この記事を読む »

高いほど効く?パーキンソン病における薬剤費のプラシーボ効果(論文紹介)

医療の沙汰もカネ次第 医薬品は高価なほど良く効く?そんな研究成果が報告されました。実際のパーキンソン病患者を対象とし、「100ドル」と「1,500ドル」、2種類の“新規ドパミン作動薬”と称された偽薬(生理食塩水)を投与したところ、“高い”方の運動機能改善効果が有意に優れていました。プラシーボの積極的な臨床応用への道が開かれようとしています。
この記事を読む »

効かないと思ってお薬飲むとホントに効かなくなっちゃう効果

効くはずがない プラシーボ効果(プラセボ効果)の反対語はノシーボ効果(ノセボ効果)。これらはいずれも「有・在」を表現した言葉ですが、現実には「無・不在」が問題となることがあります。効くお薬が効かなくなる効果と同様、効かないお薬の効かない効果にも注目しなければならない、のかもしれません。
この記事を読む »

あがり症の原因・理由を知り、手汗と共にオマモリズムを握って悩み克服?

みんなジャガイモ あがり症を克服・治すことは簡単ではありません。もし克服したければ、習慣的行動を変える努力が必要です。プラシーボ(偽薬)にはあがり癖をなおす力はありませんが、行動を変える“きっかけ”にはなれるかも?生理学に基づく進化的原因を知り直す期待をプラシーボにのっけて。キーワードは震え防止リズマーMNB2032&SPL1220?
この記事を読む »

徹夜のミカタ!30分きっかりの短時間仮眠で眠気スッキリ!

プラシーボを飲んで30分だけ眠る女の子 「どうしても徹夜で勉強しないと明日のテストに間に合わない!」、「徹夜で作業しないと仕事が終わらない!」というとき、あなたはどのように対処されていますか?プラシーボは、斬新な解決法を提示するかもしれません。睡魔と闘うな、睡魔を利用せよ。超ショート・スイミンでリアルなスッキリを目指してみましょう。翌朝の達成感をあなたに。
この記事を読む »

閉眼片足立ちトレーニングは基準値や平均値を超えて

プラシーボで成績アップ?閉眼片足立ちテスト 閉眼片足立ち(へいがんかたあしだち)はご存知ですか?“目を閉じた状態で片足で立ち、何秒間キープできるか”という運動機能・平衡(バランス)感覚の簡単なテストです。プラシーボ(プラセボ)を使って、基準値や平均値に捉われない練習実験をしてみましょう。効果・効能は転倒防止、歩行動作の改善、運動機能の向上などなど。ぜひお試しを。
この記事を読む »