タグ別アーカイブ: 概念

「仕事に役立つ数学」はプラシーボ効果の理解向上にも役立つか?

数学の授業 渋滞学でおなじみ西成活裕教授の『とんでもなくおもしろい仕事に役立つ数学』では数理科学分野で頻出する虚数のイメージが語られます。また超電導工学研究者、村上雅人教授の著書『なるほど虚数』は更なる虚数世界の深みへと我々を誘います。もしプラセボ効果の数学的モデル化が可能となれば、こうした成果は取り込み放題となるでしょう。
この記事を読む »

虚薬効果は数の概念の拡張の歴史(ゼロ、マイナス、虚数、その他)をなぞるか?

想像上の数であるとされた「虚数」が実用化されたように、プラシーボ効果もまた「虚薬効果」として医療上不可欠なものとして活用される社会。プラセボ製薬ではそんな未来を描いています。その道程は現在のところ曖昧模糊、五里霧中ですが、既に過ぎ去った数学の歴史を振り返ってみれば何がしかのヒントが得られるかもしれません。
この記事を読む »

真実と虚偽のプラシーボ効果(虚薬効果)

真と実と虚と偽と 真実と虚偽、あるいは虚実と真偽。この美しい対称性を崩すトンデモナイ輩、それが「実薬」と「偽薬」です。医薬品の臨床試験で活躍する両概念は、対称性の破れをものともせず人口に膾炙しています。しかし、「プラセボ効果」が何らかの実際的な効果を有するのならばそれは「偽」ではなく「虚」でなければなりません。想像上の「虚」でなければ。
この記事を読む »

未病チェックを次世代健康産業の柱とするヘルスケア業界の悲観的未来予想

未病未満 最先端医療と最新技術を応用し未病を治す事業開発を推進する神奈川県は「未病産業研究会」を立ち上げました。イノベーションがニューフロンティアを開拓する古臭い(失礼!)漸進主義は悲観的に捉えざるを得ません。「未病」を血眼で探し出すスマホに健康診断されたくないなら、「今を生きる」その感覚に集中すべきかと。
この記事を読む »

神もプラシーボ効果も妖怪のせいでジバ!?ニャンとも愉快な説明原理

こっち見てる猫 妖怪のせいにしたがる子供たち、オトナの事情を振りかざす大人たち、神はプラシーボだと主張したがる懐疑論者、その他その他。「説明原理」を「真理」と信じたがるのは人の本能に根ざした真理追求欲求のせいかもしれません。あるいはそれこそ、妖怪のせいだったりして…?この世界には、ニャンとも愉快な説明原理が溢れています。
この記事を読む »

効かないと思ってお薬飲むとホントに効かなくなっちゃう効果

効くはずがない プラシーボ効果(プラセボ効果)の反対語はノシーボ効果(ノセボ効果)。これらはいずれも「有・在」を表現した言葉ですが、現実には「無・不在」が問題となることがあります。効くお薬が効かなくなる効果と同様、効かないお薬の効かない効果にも注目しなければならない、のかもしれません。
この記事を読む »

二重盲検法・ランダム化・プラセボ対照の目的は原因の特定

効くクスリ、効かない薬 二重盲検法(にじゅう・もうけんほう)の解説が単純明快でないのは、その目的にまで踏み込んだ説明が必要だからです。臨床試験における二重盲検、無作為化、プラシーボ対照の組合せが創り出すものは「限定的な差異」に他ならず、あらゆる医療行為の成果はその原因を「限定的な差異」の設定によって統計学的に特定するしかありません。
この記事を読む »

偽薬はプラシーボの象徴です!

東京の地下鉄は複雑に入り組んでいる 偽薬の効果、なんてものはありません。たぶん。偽薬の投与にまつわる諸々の事象を無視した「偽薬効果」の物言いは時代遅れとなっています。偽薬はプラシーボ(プラセボ)の象徴であって、象徴でしかない。そう考えることから始めなければ、どこにも辿り着くことは出来ません。
この記事を読む »

不安の強い子供に気休めのプレゼントを。息子・娘に信頼を。

気休めのプレゼントを お子さんの抱える不安についてお悩みでしたら、プラシーボ(プラセボ)の使用をお勧めします。プラシーボ効果(プラセボ効果)は“気休め”の効果です。“気休め”は文字通り、気を休めさせることしかできませんが、それこそが求められているもののように思われます。プラシーボで、気休めを手渡してみませんか?
この記事を読む »

『「無」の科学』で巡るプラシーボとゼロと宇宙の旅

ドーナツの穴について語ろう 『「無」の科学』( ジェレミー・ウェッブ (著), 水谷 淳 (翻訳) 、SBクリエイティブ)を読めば、“わからない”ことがわかります。世界中の誰も、本当のところはわかっていない。プラシーボ(プラセボ)やプラシーボ効果のことも今はまだぜーんぜんわかっていない、のかもしれません。
この記事を読む »

プラシーボとジョジョの奇妙な関係

ジョジョ立ち プラシーボ(プラセボ)は「概念にカタチを与える」というやり方で世界を変える。 この考えは当社オリジナルのものであるとつい最近まで信じていました。しかし、違っていたのですね。実に意外なところからこの考えを教わっていたようです。
この記事を読む »

生徒・学生の不安を解消したい保健室の先生へ

黒板 養護教諭(保健室の先生)の方で、子供さんや生徒さんが抱える不安についてお悩みでしたら、プラシーボ(プラセボ)の使用をお勧めします。プラシーボ効果は「気休めの効果だ」と言われることがありますが、進路、交友関係など学校特有の不安に対してできることは「気休めを与えること」でしかなく、それで十分なように思われます。
この記事を読む »

バカにつける薬はなくなくない?馬鹿にできないプラシーボ効果

バカにつける薬 「馬鹿に付ける薬は無い」という言葉は、広辞苑(第六版、岩波書店)にも単一項目として取り上げられるほど人口に膾炙しています。プラシーボ(偽薬)を使えば「バカにつける薬」を即座に開発することだってできます。効くや、効かざるや、試してみてのお楽しみ…。
この記事を読む »

スマホ依存?使用時間を見える化してスマホやSNSフリーの時間を確保

スマホが楽しい女性 ヒトはカタチのない概念的な量を捉えることがあまり得意ではありません。目には見えないものを数量化すると、新たな「気付き」を得られることがあります。例えば、「時間」を見える化してみるとどうでしょうか?スマートフォンの使用が長すぎて疲れる、SNSで繋がり過ぎてストレスがたまる。そうした悩みを解決する一助となるかもしれません。
この記事を読む »