タグ別アーカイブ: 法律

医師法上の偽薬利用は処方箋の交付義務における例外措置(第22条1)として規定

判断を下す医師 医師法が想定する偽薬の用法は、暗示的効果を期待する場合です。第二十二条一は、この場合、処方箋の交付義務を免れると規定。暗示的効果は明示されない低効果の薬剤投与によって得られるとしています。ただ純粋な偽薬は、医薬品であるよりむしろ食品であり、当該条文規定に縛られることはありません。とは言え、依然複雑な問題が潜んでいます。
この記事を読む »