タグ別アーカイブ: 生体水利学

アルコールは身体に毒?酔い・頻尿・体温上昇の生理学的メカニズム仮説

缶ビールに酔う男 お酒に溺れさえしなければ酔っ払いの快楽に勝るものなし?科学的機構は語り尽くされたので、ここでは物語を。酒が害をなす毒であるなら、積極的に分解・排泄しようとする各臓器の働きは一つのストーリーを描くはず。顔や肌が紅潮して赤くなり、おしっこ我慢でトイレの行列待ち、気分高揚から吐き気まで一貫したほろ酔い・酩酊・泥酔の物語を。
この記事を読む »

ドライマウス・口臭・虫歯予防にも!唾液分泌量を増やす改善実験

お口の中は健康ですか? 唾液(だえき)、唾(つば/つばき)。これらを日常的に意識することはあまりありません。勝手に出てきて、勝手にどこかへ行ってしまうものだからです。しかし、分泌が少なくなると意外と厄介なのがこの唾液。ドライマウス・口臭・虫歯だけでなく全身の健康ともかかわりのある、あなたの唾液分泌力をプラシーボで測定してみませんか?
この記事を読む »

寝つきが悪い時でも薬を使わないで寝入りたいので原因と対策を練る

眠り眠られ振り振られ 大人から子どもまでテレビ・パソコン・スマホのブルーライトに当てられ体内時計が狂い睡眠導入剤や睡眠薬がガンガン消費される世界は不健全なようにも思われますが、眠れているのなら大丈夫。より深刻な問題は持続する眠れない・寝付けない・寝付きが悪い。よくある対策が効かないで就寝時に気分が重いなら、グイッとお湯を飲んでみませんか?
この記事を読む »

眠気覚ましのコーヒーなどカフェイン飲料はホットかアイス、どちらが効く?

カフェで一休み 眠りの悩みには「眠れない」、「眠すぎる」など相反するものもありますが、血流と体温の関係に則り身体の機能を解釈する学問の視点から、具体的な解決策が提示できるかも?眠気を解消する眠気覚ましの効果を高めるには、コーヒー・紅茶・緑茶・烏龍茶・栄養ドリンク・エナジードリンクをホットかアイス、どちらで飲むべきか考えてみましょう。
この記事を読む »

気分転換のコツを知り解消できない微妙なストレスと上手に付き合う方法

気分爽快な空模様 人間関係などの社会的なストレスを別にしても、日常生活において気分の波を感じることは多々あって上手な気分転換の方法があれば人生はハッピーになるやも。そうしたコツや極意を知るためには現実的で本質的なコトバの探求が不可欠です。ただの言葉遊びと侮るなかれ、具体的な行為に還元できる処方箋を描くことは人生レベルでも有用なのです。
この記事を読む »

快眠サポート肌着・インナーで暑くて眠れない人もリラックス?

眠る女性 パジャマじゃまじゃま…裸で眠るに忍びなく、かと言って現状の睡眠に満足していないなら寝間着に着目してみると良いかもしれません。肌着やインナーが機能性を向上させる昨今、私たちの睡眠環境は自らの手で良くすることができます。寝苦しい感覚と素直に向き合うことで見えてくる解決の糸口は、通気性にかかっていると言えるでしょう。
この記事を読む »

姿勢を良くする方法を試しても続かない意志力の弱さを補完する

手癖足癖 姿勢が悪いと視力は落ちるし集中力も保てないし良いことないし、そうだ、姿勢矯正しよう!と息巻いてネット検索で見つけた「正しい姿勢」も3日後には忘れ去られてしまうでしょう。意思だけではどうにもならない継続性の罠を乗り越え、新たな習慣・癖(くせ)を身に付けるにはプラシーボによる意志の“見える化”が有効かもしれません。
この記事を読む »

生理・妊娠時の喉の渇きや便秘は女性ホルモンの正常な作用?

水に浮かぶ花 生理や妊娠中に強く喉が乾くとき、大腸からも水分が奪われている?ほどよい柔らかさのうんちを作るのに必要な適度な水分も、着床準備から妊娠に至る人生の一大事においてはプロゲステロンの作用で子宮へと優先的・強制的に分配されてしまうのかも?喉の渇きと便秘、妊婦・プレママにありがちなこの傾向から、人体水理学が導く答えとは。
この記事を読む »

認知症状がひどくなる原因は脱水症状?水分摂取で悪化予防・介護負担軽減!

お水をもう一杯 高齢者は加齢と共に水を保持する機能が衰えるため、春夏秋冬を通じて脱水状態になりやすいものです。老人の体調管理ってつまるところ何なのさ?と思われたら、最も基礎的で大事な一点に絞り「水分摂取」を適切に行うことを心掛けてみましょう。意識レベルを落とす脱水症状を避けることは認知症の重症化予防・介護負担の軽減につながります。
この記事を読む »

寝ている時にのどが渇くのは異常ではなく睡眠時の生理機能

のどを潤すハト 健康情報サイトや質問掲示板では「寝ている時に痛いほど喉が渇いて目が覚める」という質問が度々あって、何らかの「異常」に基づいて咽が渇く原因の説明が試みられます。睡眠時無呼吸症候群、糖尿病、尿崩症、加齢、ストレス…。そうした病気身体観から離れ、睡眠時の「正常」な生理機能を考えてみると違った答えが見えてくるでしょう。
この記事を読む »

コーヒーやカフェインの効かない眠気対策は昼寝制度とプラシーボ効果で

コーヒー・リフレッシュ 睡眠不足でもないのに日中決まって眠くなるなんてことはありませんか?大人はみんな眠気と戦っていると言うけれど、睡魔との戦いは負け戦。最も効果的な対策は「眠ること」です。適切な眠気・睡眠管理が人生を充実させるはずだとお考えならば、人生の一時期をプラシーボ試用期間にしてみることをオススメします。
この記事を読む »