タグ別アーカイブ: 練習

片足立ちダイエットは難しい?片足で立てない人の初級トレーニング!

片足立ちができない人の簡単練習法 ダイエッター御用達の運動法と言えばウォーキングやジョギング、ランニングに筋トレ?「ダイエットに効果的!」とテレビや雑誌が紹介するものは実践したけど、全部継続できなかったという方も多いはず。簡単なはずの片足立ちダイエットもやってみたらできなくて、1秒もできないままだ…とお嘆きの貴方に朗報!初心者向けトレーニング登場です。
この記事を読む »

子供にカプセルをうまく飲ませたいなら、慣れ重視の飲ませ方を

カプセルのおくすりを飲ませる方法が分からず悩む親御さん、案外大勢おられるようで。医薬品はもとよりサプリメントや健康食品がカプセル剤型で提供される昨今、幼少期のカプセル嫌いが後々どのような影響を人生に及ぼすかわかりません。しかし、無理やりに飲み込ませようとするのは考えもの。苦手意識を強く植え付けるより、慣れを優先して。
この記事を読む »

大人なのにカプセルがうまく飲み込めない方必見!偽薬トレーニング

カプセル剤との付き合いが憂鬱だ、という方は結構おられるようです。きっちり成人した大人でも病院で処方された医薬品のカプセルが飲めないことを医師や薬剤師に言い出せず困ったり、飲んでみたいサプリメントや健康食品がカプセル状だから泣く泣く諦めたり。そんなオトナな貴方でも上手に飲み込めるようになる方法は、偽薬で脳を再学習して…?
この記事を読む »

片足で立てない理由は猫背?姿勢分析・姿勢矯正で立ち姿を美しく!

片足で立つ人 アクティブ・シニア御用達のロコモーティブ・シンドローム対策運動「片足立ち」ですが、全くできない、ちっとも立っていられない方が相当おられる模様。でも姿勢が悪く重心がずれているだけなのです。鍼灸整骨院などで受けられる姿勢分析と日々の姿勢矯正、あとは毎日練習をつづける心掛けで、あなたも片足立ちできるようになるはず。
この記事を読む »

錠剤服用コップ『おくすりこくり』で子供も大人も高齢者も楽々服薬習慣!

おくすりこくり外装 NHKの番組で人気に火のついた『おくすりこくり』はちいさなお子さんや老人、もちろん薬が飲めずに悩む大人の服薬もラクにする画期的な商品です。また面白いグッズ、介護用品としてYoutubeで動画が投稿されていたり。粒のおくすりが飲み込めないとおなやみなら、年齢を問わず使用できる『おくすりこくり』で練習するのが吉?
この記事を読む »

片足立ちテストはぐるぐるバランス訓練法でコツをつかみ上達!

片足立ち(かたあしだち)する女の子 片足立ちダイエットにロコモ対策運動、片足立ちによる認知症テストなど、どこでも誰でも身ひとつあれば簡単にできる「片足立ち(かたあしだち)」の効果が広く喧伝されています。しかしそういった効用を脇においても、片足立ち自体がとても楽しいものです。ちょっとしたコツをつかみ、一本足でバランスを取るその快感を試してみませんか?
この記事を読む »

『考えない練習』からプラシーボで考えていない状態を作る方法を考える

瞑想 小池龍之介さんの『考えない練習』が示す、考えない方法の一つは刺激を刺激のまま受け取ろうという感覚的な手法です。解釈や判断を保留して、刺激や感覚そのものを感得しようとするその態度は、プラシーボ効果を考える上で重要な示唆を与えているように思われます。さらにこれを応用することだって可能かもしれません。
この記事を読む »

プレゼンスキルを磨く実践練習法にきっかけをプラス

適切なプレゼン練習 プレゼンテーションに関する知識・情報は本やインターネット上で大量に提供されています。それらが有効でも、知っていることと出来ることとは大きく異なります。知っていても上手くできないのなら、練習で身に付けるしかありません。プレゼン練習をすべきだ!そう思ってはいても、中々実践できないならプラシーボの利用をオススメします。
この記事を読む »

引きこもりの視線恐怖症だけれど外に出てみたい方へ

こっち見てる ひきこもりで視線恐怖症で適応障害で社会不適合で…といった烙印を自らに押し付けながら、だけど本当は外に出たいとお思いのひっきーの皆様。プラシーボ(プラセボ)を用いた実験的行動療法ならば、小さいけれど確かな“気休め”を提供できるかもしれません。
この記事を読む »

錠剤を飲めない子供への上手な飲ませ方(幼児~小学生対象)

お薬を飲む男の子 幼児でも5才以上になると、病院で錠剤のクスリをもらうことがあるようです。しかし幼児に限らず、小学生の子供でも(大人でも?)中々うまく粒薬を飲み込めないということが少なくありません。プラシーボ(偽薬)でおくすりを飲み込む練習をすれば、スルリと飲めるようになるかも?信頼感を育む上手な玉薬の飲まし方を実践しましょう。
この記事を読む »

パット練習、パッティングでゴルフをもっと好きになる!

プラシーボをゴルフ練習のお供に ゴルフを好きになるために、まずは上手くなる。そんな都合のいい方法があれば…。もしかするとプラシーボ(プラセボ)がそんな素敵な方法を提供するかもしれません。気の持ちようが大きな要素となるパッティングなら、プラシーボ効果で上達が見込める?室内練習場で得た確かな上達の実感をグリーン上で再現するためにできることがあります。
この記事を読む »

錠剤の薬が飲み込めない大人のための偽薬練習のススメ

クスリを一気に飲み込む男性 お薬を飲むのが得意な方もいれば苦手な方もおられます。子供だけでなくオトナでも、どうしても錠剤やカプセルを飲み込めないことがあります。そんな時、偽薬(プラシーボ、プラセボ)を使った練習を試みてはいかがでしょうか?プラシーボは錠剤を飲み込む練習としておとなのあなたに最適なソリューションを提供します。
この記事を読む »

閉眼片足立ちトレーニングは基準値や平均値を超えて

プラシーボで成績アップ?閉眼片足立ちテスト 閉眼片足立ち(へいがんかたあしだち)はご存知ですか?“目を閉じた状態で片足で立ち、何秒間キープできるか”という運動機能・平衡(バランス)感覚の簡単なテストです。プラシーボ(プラセボ)を使って、基準値や平均値に捉われない練習実験をしてみましょう。効果・効能は転倒防止、歩行動作の改善、運動機能の向上などなど。ぜひお試しを。
この記事を読む »