タグ別アーカイブ: 臨床試験

オープンラベル(非盲検)プラシーボはがん患者の疲労に利用できるか?

ダナ・ファーバー癌研究所_募集要項 偽薬であることを開示して行う試験が様々な疾病を対象に実施されようとしています。痛みや疲労など、主観的な感覚により大きく左右されると考えられる症状はプラシーボ効果との相関が高いと考えられ、明示的に使用される偽薬によっても何がしかの改善効果が得られる可能性があるためです。がん患者に多い易疲労性にも検証の光が当たりそうです。
この記事を読む »

プラシーボ効果に関わる脳部位が特定!痛みを抑えるスイート・スポット【論文紹介】

プラシーボ効果に関わる脳部位 脳機能を視覚化するfMRI(機能的磁気共鳴イメージング)は様々な分野で応用が勧められていますが、プラシーボ効果も例外ではありません。2016年10月、fMRIによって痛みを低減するプラシーボ反応を予測可能にする脳部位が特定されました。この成果はより個別最適化された医療を実現し、医薬品の治験を容易にするかもしれません。
この記事を読む »

「プラセボ効果が年々増強している」は誤り?臨床研究メタアナリシスの危機

京都大学医学研究科社会健康医学系専攻 プラセボ効果(プラシーボ効果)が治験の現場で年々増強し、抗うつ剤開発を試みる製薬企業を不当に苦しめている…というお馴染みの“常識”には、正当な科学的根拠があるのでしょうか?そう主張する研究論文は存在するものの、それらは古く、誤った統計手法による解析が実施されているのだとしたら…。世界の臨床を変える研究は京都大学から。
この記事を読む »

アルツハイマー病治療薬候補「aducanumab(アデュカヌマブ)」の臨床試験結果が話題に【論文紹介】

ひまわり アルツハイマー型認知症の治療薬候補が小規模な臨床試験で良好な結果を示し、大規模治験への足掛かりを確かなものに。ここ数年漂っていた、「アミロイド仮説」に対する疑念も一先ずは様子見となるのかもしれません。ただ今後を思えば楽観もできず、進行中の第3相試験結果が待たれると同時に、医療経済に関する懸念も払拭されていません。
この記事を読む »

「擬似薬」と「擬似乱数」、臨床試験のプラセボ対照とランダム化比較を実現する2つの擬似

サイコロ コンピュータを使って無作為抽出って簡単に言うけど、本当のところ…?プラセボ対照のランダム化比較試験と言えば治験の定番であり、擬似薬(偽薬、プラシーボ)の活用は周知の事実。ただ、もう一つの擬似、「擬似乱数」についてはあまり知られていません。機械に命じればすぐさまランダムを吐き出すと期待するほど、ことは単純でないようで。
この記事を読む »

痛み調節に関わるプラシーボ効果およびノシーボ効果の実験参加者が募集中(海外)

脳! 海外(米国)では研究者と直にやり取りのできる「臨床試験マッチング・サイト」が利用されているようです。プラシーボ効果やノシーボ効果に関する知見もまた、こうした地道な科学研究とそこに参加する治験ボランティアの意志によって蓄積されます。今はまだ有難く拝受するのみですか、いつの日にか実施団体として参画できれば、と。
この記事を読む »

臨床試験の割付結果は教えてもらえる?治験参加者のツイートが話題に

「ヒトノタメ ニセモノダカラ デキルコト」 治験がブラックボックスだった時代は過去のもの?ツイッターが個人の情報発信を簡単にした結果、抽象化された統計的な群割り当て(グループ化)を構成する要員が特定個人として浮かび上がる、そんな時代を迎えつつあります。新規医薬品、健康食品、トクホや機能性表示食品など効果効能を謳いたい欲求のある事業者にとって福音となるや否や…。
この記事を読む »