タグ別アーカイブ: 虚数

宇宙定数、無作為、プラシーボ効果を説明する「隠れた変数理論」

銀河 アインシュタインの宇宙項はハッブルの観察により撤廃を余儀なくされましたが、近年の宇宙論で復活を遂げています。また「神はサイコロを振らない」と喝破した反量子力学的世界観も論争に負けたかに思われましたが、今では見直しが始まっています。「隠れた変数理論」と呼ばれる魅力的な理論の恩恵をプラシーボ効果にもぶっかけたい。
この記事を読む »

「仕事に役立つ数学」はプラシーボ効果の理解向上にも役立つか?

数学の授業 渋滞学でおなじみ西成活裕教授の『とんでもなくおもしろい仕事に役立つ数学』では数理科学分野で頻出する虚数のイメージが語られます。また超電導工学研究者、村上雅人教授の著書『なるほど虚数』は更なる虚数世界の深みへと我々を誘います。もしプラセボ効果の数学的モデル化が可能となれば、こうした成果は取り込み放題となるでしょう。
この記事を読む »

虚薬効果は数の概念の拡張の歴史(ゼロ、マイナス、虚数、その他)をなぞるか?

想像上の数であるとされた「虚数」が実用化されたように、プラシーボ効果もまた「虚薬効果」として医療上不可欠なものとして活用される社会。プラセボ製薬ではそんな未来を描いています。その道程は現在のところ曖昧模糊、五里霧中ですが、既に過ぎ去った数学の歴史を振り返ってみれば何がしかのヒントが得られるかもしれません。
この記事を読む »

真実と虚偽のプラシーボ効果(虚薬効果)

真と実と虚と偽と 真実と虚偽、あるいは虚実と真偽。この美しい対称性を崩すトンデモナイ輩、それが「実薬」と「偽薬」です。医薬品の臨床試験で活躍する両概念は、対称性の破れをものともせず人口に膾炙しています。しかし、「プラセボ効果」が何らかの実際的な効果を有するのならばそれは「偽」ではなく「虚」でなければなりません。想像上の「虚」でなければ。
この記事を読む »