タグ別アーカイブ: 貨幣

『貨幣論』に垣間見る「貨幣」と「プラシーボ効果」の類似性

ビットコイン 経済学者、岩井克人氏の著作『貨幣論』は貨幣の本質を「本質のなさ」だと喝破する良書。経済に関する洞察を深めたいなら必読の一冊となるでしょう。一方、分野違いのプラセボ(偽薬)効果に関して何がしかを語る書籍であると仮定して読み進めてみれば…。そこに浮かび上がる類似性や相似性に目を向けてみれば、新たな知見が得られるかも。
この記事を読む »